クロミッド~排卵誘発剤の功罪~

当院の妊活中の患者さんはタイミングレベルからARTレベルまでのさまざまです。
その患者さんを見ていると、タイミングレベルでもクリニックによって対応(処方)が違うようですね。
妊活って基本はオーダーメイドですので、個人個人といったほうが良いかも知れませんね。

さてこのレベルで押さえておきたいのは誘発剤について。
誘発剤を使用した方が良いのか悪いのか?

ってことで、今更感満載なのですがクロミッドについておさらい。

〈適応〉
第1度無月経・無排卵周期症・PCOSなど
〈臨床効果〉
排卵率60~90%
全体の妊娠率は20%程度とされ排卵率が高い割には妊娠率は低い
※生理の量が少なくなる(子宮内膜の非薄化)
  おりものが少なくなる(頸管粘液の減少)
これらが妊娠率低下の一因とされる。

累積妊娠率のカーブは6周期以降で漸増、12周期投与以降で平坦化
※長期間の投与で効果の得られない時は他の療法を検討すべき。

原因不明の不妊症へのクロミッドの効果についてはその生産率において無治療群・プラセボ群VS治療群とは有意差がないことがメタアナリシスにより示されている。
※生殖医療の必須知識から抜粋

この薬はもともと頸管粘液を減少させて避妊するという目的で開発された薬らしいです。

ってことはクロミッドでおりものが少なくなっている時点で妊娠の邪魔をしている可能性もあるかもしれませんね。
投与には『おりもの』の状態に特に注意が必要な理由はこれですね。

またクロミッドを使用している周期は自然周期よりも妊娠率が低かったとの報告もあります。
子宮内膜が原因で妊娠が成立しない(内膜の質が低下?)可能性があるということ。
着床障害を人工的に作っていることになるってことかもしれません。

〈これまでのまとめ〉
排卵していない場合はクロミッドで排卵させることで妊娠率は上がる。
ただし長期投与においては注意を要する。
統計上は1年以上続ける有益性はなく他の治療を検討すべき。
原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)には投与すべきではない。
ってことなようです。

したがって排卵していて周期が一定であれば、誘発剤は当然必要ないということになります。

しかし排卵しているけどクロミッド投与されている人もいますよね。
それはなぜでしょうか?

しかし現実には排卵しているけど妊娠しない患者さんにも投与されている場合、何を狙っているかというと誘発剤の副作用に注目

複数の卵胞が育ちやすいってこと。
つまりARTでも複数移植することで妊娠率があがるのと同様な理屈で複数の卵胞を育てることにより確率を上げようとしてるのだと指摘されています。
(クロミッド投与による多胎確率は7.5%程度。品胎は0.3%)
この率を高いとするか低いとするか・・・

つまり・・・
タイミングレベルにおて原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)においてクロミッドを投与する目的は複数(2ヶ程度)の卵胞を育てて妊娠率を上げること。

逆に言うと投与しても単一の卵胞しか育つことができなければ、クロミッドを投与する目的は達し得なかったということになります。

そしてこのように自然に排卵している患者さんにクロミッドを投与しても妊娠率が上がるというエビデンスはない!とのこと。

〈まとめ〉
自然排卵している場合、誘発剤を使用する意味は少ない。
ただし生殖分野はオーダーメイドの治療ですので、エビデンスがないからといってその人にとって無効とも言えません。
したがってタイミングレベルでの誘発剤はいろいろとあるオプションの中の一つ程度の位置づけでよいのではないでしょうか。
そしてその治療法で妊娠しなければ違うオプションを選択すれば良いのです。
その1つに鍼灸治療もありますよ!ということがいいたかったのでした。

卵子の分割がしないのはなぜ?

卵子について分子レベルで考えてみたいと思います。
なぜ分割が止まるのでしょうか?なぜ胚のグレードがひくいのでしょうか?
例えば『胚盤胞までなかなかいかない!』
っというその多くは受精卵の減数分裂時にチューブリンという部分がうまく遺伝子を引っ張ることができないために遺伝子的にトリソミーとなり分割が進まなくなるといわれています。
このチューブリンは細胞質にあるため、『じゃあ、細胞質を変えてあげよう』ということも考えられているようです。
核置換術なる療法がそれに当たります。
まあいくつか問題もあるようですが。
またミトコンドリアを活性化させて良質の卵子を!という考え方もあります。サプリやお薬でということも取り入れられているようです。
このミトコンドリア内にも当然ヒートショックプロテインがありますね。

したがって細胞質を取りかえるのではなく、このヒートショックプロテインで不良な細胞質のタンパクを修復し、良質のタンパク質により自分の力で分裂させれば良いということです。
じゃあ、どんな時にこのヒートショックプロテインが増えるのでしょうか?
細胞分裂や細胞が分化する際に増加するということはすでに紹介しました。

もうひとつ、熱をはじめ、ストレスが生体に加わった時に増加するのです。これを利用しているのが加温療法とか和温療法になります。これはそのまま熱によるストレスを与えていることになります。
その他、鍼・灸なども体の組織や細胞などには強いストレスになります。
治療されている本人は気持ち良いのですが・・・。
だから・・・『鍼灸治療を活用しましょう』ということになります。
鍼灸治療で胚のグレードがあがる、妊娠する、というのは少しずつ知られてきました。
しかしそのメカニズムについてはほとんどわかっていません。根拠がないから効かないという人もいますが、鍼灸でRCTをするという方法的困難と研究自体が進んでいないということもあるのです。
なんせ鍼灸の研究分野にはなかなか予算がつきませんので、この分子レベルでの高額な研究はなかなか進まないのが現実なのです。
しかし臨床の現場では確実に変化(体調や生理、受精卵のグレード等々)が見られるので患者さまもとても喜ばれています。(何回もチャレンジしている人はモチベーションの維持がこれまた大変ですからね)
また古くから鍼灸のメカニズム(なんで効くの?)の解明にこのヒートショックプロテインが関連しているのでは?と報告されてきました。
近年は筋委縮関連の論文でも明らかにヒートショックプロテインの増加が認められると報告されています。

つまり今までの鍼灸治療で『体調の改善、卵巣・子宮の血流改善、自律神経ホルモン系の改善、免疫系の改善』という効果、メカニズムの他に
ヒートショックプロテインをはじめとする分子シャペロン的な機能を賦活させ良質のタンパク質を持つ卵子を作り、そして妊娠に臨むことができる!
鍼灸はその可能性があるということです。
『不妊の人に鍼灸すると、どこがどうなって妊娠しやすくなるの?』と良く聞かれます。その一つのお答がこれにあたると推測しています。

ヒートショックプロテインと妊娠

レタスやキャベツを50℃の温度のお湯で洗浄すると日持ちが良くなるというのをご存知ですか?
これは表面の付着物を洗浄するという目的もあるようですが、一番は野菜の持っているヒートショックプロテインを増大させて酸化を防いでいるのです。

ゆで卵を生卵に戻す?こんなことが可能だと思いますか?

理論上は可能であるといわれています。これもヒートショックプロテインのためです。
このヒートショックプロテインとは野菜だけでなく、大腸菌から人間まで生物のほとんどが持っているタンパク質です。
ほとんどの生物が持っているということは、生命維持にとってなくてはならないタンパク質であるということを表しています。
最近の研究でこのタンパク質が妊娠に大きく関与していることが少しずつ明らかになってきています。

では妊娠の話に入る前に少し簡単に、このタンパク質についてご説明させていただきます。

このタンパク質はヒートショックプロテイン(熱ショックプロテイン)とかストレスタンパクとか分子シャペロンという名で呼ばれています。
元々このタンパク質の発見が熱によるストレスに関連することからこのように呼ばれています。
このタンパク質の働きは大きく分けて3つに分けられます。

①ストレスを受けた時に活躍します。

分子レベルでは病気や傷害を受けたということは、その細胞のタンパク質が壊れてしまったことを指します。この壊れたタンパク質を修復したり、修復不可能な場合は自己死(アポトーシス)へ導きます。そして正常なタンパク質に置き換える役目をします。
不良なタンパク質をそのままにしておくとそこからまた新たな病気を引き起こすことになります。
『タンパク質の修理屋さん』です。

②ストレスを受けていない時は通常のタンパク質の生成から移動、廃棄までそのタンパク質の一生に寄り添い良質のタンパク質を生体内で維持できるように働いています。
これを恒常性維持といいます。人間の体は水分を除けばほとんどタンパク質でできています。したがってタンパク質の恒常性維持とは健康維持ということになります。
タンパク質あるところに、陰ひなたに寄り添ってお世話係として存在しています。

③熱耐性効果を持っています。

酵母は通常50℃で死んでしまいますが、前もって37℃で加温してやりヒートショックプロテインを増やしておくと50℃でもほとんど死ななくなります。
人間に置き換えると、強いストレスを受けるイベント、仕事上や受験等々やスポーツの大会試合などの前にこのヒートショックプロテインを増やして臨むと通常受ける傷害、ストレスよりも軽い状態にできます。予防的に働くということです。
つまり人間の生命維持、健康にはその構成要素である正常なタンパク質が必要で、そのためにはこのヒートショックプロテインが必ず必要になるということです。

当然『卵子』もタンパク質でできています。受精後の分割・分化する際には大量のタンパク質が必要になります。
タンパク質が必要ということは?
そうですこのヒートショックプロテインも必要になるということです。

鍼灸治療でヒートショックプロテインを活性化させてその日を待ちましょう。

睡眠を変えると卵子が変わる!子宮が変わる!

今までは健康の基本は食事と運動といわれていました。
現在ではそれに睡眠も加えて健康の3要素といわれるようになりました。日本ではまだまだですが。
最近の研究でも良質の睡眠が取れてない人に生活習慣病の発生率が高いという報告があります。その結果を受けて、アメリカでは多くの会社が社員の健康維持のため、良質の睡眠を社員が取れているかどうかを別の会社に委託管理させているようになっているそうです。
少しぐらい委託管理料を払っても最終的に社員が体調不良で休んでしまったために生ずる損失よりも会社の利益が大きいということです。さすがアメリカです。

このように単純な睡眠時間ではなく、いかに良質な睡眠を取るか?がポイントなのです。
では良質の睡眠とはどんなものをいうのでしょうか?
22時~2時(22時~3時までという説もあります)の時間に睡眠を取ることが良質の睡眠といわれています。
この時間は脳を含む体の臓器が昼間のさまざまなストレスから解放され、修復される時間なのです。成長ホルモンなどもほぼ同じ時間に分泌されるといわれており、昔から寝る子は育つといわれるのはこのためです。
美容業界では『睡眠のゴールデンタイム』ともいわれています。
美しさを保ちアンチエイジングするのは外見だけではありません。
そもそも肌・皮膚などは内臓の状態を反映します。
美しい肌を保つということは健康な内臓を保つということとイコールなのです。
したがってこの時間にしっかりと睡眠を取るだけで卵巣や子宮にとってもアンチエイジング!若返ることができるということです。
高価なサプリメントをたくさん摂取するのもいいですが、睡眠時間を工夫するだけで卵巣や子宮が若返るなんてこんな良い事はないと思います。

なにより費用がかかりませんからね。

しかし今まで夜型の人は『そんな10時になんか眠たくならない!』という人も多いでしょう。
そんな時は人間の生理学的作用を利用します。
そもそも良質の睡眠にはメラトニンというホルモンの一種が必要になります。
このメラトニンは暗闇から目の網膜に光が当たって約15~16時間後に分泌されるという特徴があります。これを利用します。
朝6時に起床して朝日を浴びれば16時間後すなわち10時には自然とメラトニンが分泌されます。すなわち眠くなるということです。
したがって早寝早起きではなく早起き早寝です。
早く眠るようにしたければ前日にちょっと無理して早起きして朝日を浴びれば自然と早寝ができる⇒良質の睡眠が可能⇒アンチエイジング⇒卵巣・子宮が若返る!
党員の患者さまに伺ってみるとみなさん遅くまで起きていなくてはいけない理由はさまざまあるようですが、それぞれで工夫して少しでも良質の睡眠が取れるようして卵巣・子宮の若返り、アンチエイジングを目指しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

生殖医学からみた若い女性の年齢とは

当院はかれこれ妊活鍼灸初めて10年以上経過しています。最近は若い患者さんも多くなりました。10年前は40前後の方が多かったですね。

そもそも若い女性っていくつくらいまでのことをいうのでしょうか?定義はないですよね当然ですが。

では生殖医学領域での若い女性とは・・・

下記の図は少し古いデータですが超有名な統計です。4つのグラフがありますが、ざっくり言うと年齢と妊娠率とを表した図です。

これでいくと31才・32才ぐらいから急激に生産率(出生率)が低下してきます。それと同時に流産率(紫色のグラフ)が上昇してきます。
つまり31・32才が一つの区切られる年齢といえます。逆に言うとそれより若年齢の人は20才前半の人と20才後半の人ではあまり差が無いともいえます。

したがって若い女性は32才未満とも言えるかもしれません。。

32才未満の患者さんでも会社の若い新人女性なんかを見て「私はもう年だわ~」ってテンション下がったりあせったりする方が多いです。

32才未満と22才の新卒の女性とは生殖医学領域ではほとんど差がないので安心してください!

基礎体温は大事な情報源

基礎体温は大事な情報源、そんなお話。
妊活といってもいろんな段階があります。
当院でも体外受精にチャレンジしている人もいれば、タイミングレベルの人もいます。
通常の流れはタイミング⇒AIH⇒ARTとステップアップしていきます。
※AIH飛ばす場合もありますが。
しかしさまざまな理由によりタイミング限定っていう人も当然います。
本当にいろんな理由がありますので、限定される中で当院では最大限の治療をおこなっています。

そんな方に当院では必ず基礎体温表をつけてってお願いします。
でも・・・
以前病院で計って持って行ってた時なんかほとんど相手にされなかったし・・・とか
すぐ忘れる日もあって・・・
計ってみるとギザギザでつけてていやになるし・・・
なんておっしゃいます。

しかし基礎体温表って結構得られる情報たくさんあるんです。
また治療の効果判定にも使えますし。
そこで当院では何日か途中で忘れても全然OK,結構ゆるゆるな気持ちで計ってもいいですよ~って言います。
そんな体温表でも貴重な情報てんこ盛り。

タイミングで妊娠希望されている方はまず基礎体温表をつけましょう。
『ギザギザで嫌になる』って言われた人で実際見せてもらったら、きれいな2層性になってるってこと結構多いですよ。

どうもみなさんはネットで正常な基礎体温表の図と比較しているようです。
実際あんな人まずいませんから安心してください。
逆にあんな図のとおりの体温表を持ってこられたら『なんか作為的、希望入ってない?』って疑いたくなります。
今はアプリやそのまま記録できる体温計もありますし、そんなものでもOK!

タイミングレベルであれば一般の産婦人科さんが多いので、あんまりその辺のこと話してもらってないようです。
妊活鍼灸やってる鍼灸師に治療がてら見てもらいましょう!

生理痛の正体

生理痛のお話。生理痛には鍼灸がとても効きます。今日はなぜ効くかってことを考えてみたいと思います。
そもそも生理痛は子宮からの痛みで子宮が収縮する際の痛み。これをまず押さえておきましょう。
以下の画像で確認!

これは右側の子宮筋層が左と比べて黒くなっている部分が分かります。この画像はT2強調画像といい、水分を白く映すような画像。したがって黒くなっているのは水分が少なくなっている⇒子宮筋の血流が悪くなり阻血状態になっていると考えます。血流が悪い状態で筋肉が収縮を強いられている状態。また子宮の形自体も左右で微妙に違う⇒収縮しているってこと。

これが生理痛の正体。

それで子宮の収縮に関与するのは自律神経ってことで、
①鍼灸で子宮の自律神経を調整して異常な収縮を緩和させる。または・・・
②生理前から治療し、子宮の筋肉内に豊富な血流を確保した状態で生理を迎える。⇒阻血状態を回避しておけば生理痛は緩和される。
このようなメカニズムにより生理痛が緩和されるのです。

ぜひ鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?

非造影MRI 次は何を見る 木戸昌より画像お借りしました。

自律神経を整えて妊娠へ

妊娠に至るには自律神経の調整が必要です。
その作用と不妊の関係について書いていきます。

鍼灸治療とは鍼灸刺激で生体になんらかの反応を惹起させようと試みるものです。
その反応の結果、卵子の質の向上、子宮内膜の質・厚さ・収縮をその人にとって適正なものに導くことで妊娠率の向上を目指すものですね。

自律神経からみた鍼灸の特徴は、
交感神経優位の人であれば副交感神経が高まり、自律神経を正常に戻すことが研究で明らかになっています。
副交感神経優位に人であれば交感神経が高まります。

そもそも妊活は強烈なストレス状態とも言えます。
①ストレス→交感神経が優位→血管の収縮→卵巣・子宮血流の低下→卵巣・子宮機能の低下→着床×
卵巣の血管(卵巣動脈)は自律神経に非常に
※ホルモン補充しても血流にのって届きますので、蛇口をひねっても途中のホースがねじれていたら水が流れないとの同じ理屈です。

血液検査でしっかりとホルモン値があっても、卵巣・子宮に届いていないとなんの意味もありませんね。

さてこの状態が継続すると、
②視床下部-下垂体-卵巣系に変調をきたします。
生理周期が乱れたり、無排卵になったりします。ホルモンを補充することで、正常な性周期になったように思いますが、じつはそうではありません。
卵子が実際に排卵されるまでは180日以上必要だからです。また卵巣内の卵子がゴナトロピン依存性の段階になると、ホルモンの作用が次の周期、そのまた次の周期にも排卵されるために育っている卵子にも影響を与える構造になっています。
したがって1周期程度では卵子の質は変化しない仕組みになっています。
180日以前より目覚め、徐々に育つ卵子。
体を本来の状態に戻し、それをキープすることで良好な卵子が排卵(採卵)し始めるということになります。

したがって自律神経を調整することにより体からストレスフリーな状態にし、それをキープすることで良質の卵子・子宮でチャレンジすることにより妊娠率が向上するのです。
それが鍼灸にしかできない作用なのです。
自律神経からみた妊活における鍼灸の作用機序の一つを書きました。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

正しい子宮の収縮を取り戻し妊娠へ

妊活における子宮側の問題について考察されているもの。
さて子宮の収縮には3種類があります。
その一つである蠕動について今まで詳細は不明でした。
しかしまるで動画のように撮影できるCine MRI を使用することでさまざまなことが明らかになりつつあります。
そもそも性周期によって両方向性に蠕動する、
または黄体期には蠕動が消失するということは研究の結果明らかになっています。
次ぎにこの一連の運動が妊娠成立に必要だからということをまずは押さえましょう。
(必要がなかったらエネルギーを消費してまで複雑な動きはしないでしょうからね)
このことについて、私はこれまで静止画像でしか見ることはなかったが、ある講演では動画で紹介されていた。
さざ波って感じではなく、微妙って感じでもなく、はっきりとびっくりするぐらい蠕動運動していました。
子宮全体の形状が明らかに変化し動いていました。
ただ異常な子宮の蠕動と不妊の関係を示すデータについては、いま集積中とのこと。
おそらく筋腫・ポリープなどを切除すると妊孕率が向上する一つの理由にこの異常な運動が是正されるからって仮説を立てて研究に取り組んでいるものと思われます。
そして妊活における鍼灸治療の効果の一つに、子宮の異常運動が是正されることで着床率が向上するのだ!
という私の仮説も今後明らかになるのではないかと考えています。