逆子ですと診断されたら

当院は2002年より逆子外来を開設し、おそらく県内で最も多くの症例数を扱った院であるとの自負があります。

そこでこれまでの振り返りのつもりで、そしてこんなことで悩んでいた人も多いですよって裏話も織り交ぜながら、逆子について書いてみようと思います。

さて逆子は『骨盤位』といいます。横向きは『横位』とも呼ばれますがどちらも逆子と同意義として扱われます。

さてなぜ逆子になるのか?の前に、これをまず押さえておきます。

『お母さんのせいではない!』ということ。

これまで『アイスクリームをたくさん食べ過ぎて冷やしたせいでしょうか?』とか、『夏場クーラーで冷やしたせいでしょうか?』などのご質問をたくさんいただきました。
ネットなどでは冷えと逆子と関係あるかの如くの記載があるので、特にそう感じているのかもしれません。

振り返るとアイスクリームをガンガン食べていた人は7~8割ぐらいいらっしゃいました。

だから逆子になったんじゃない?って思われがちなんですが、これは妊婦全体で、逆子ではない人(頭位)と逆子の人とを比較した数字を出さないと意味はありません。

おそらくアイスクリーム消費が全国一位の石川県であるということ、妊婦は体が熱いということから考えると妊婦の人のほとんどが何か冷たいものを口にしているでしょう。
それが普通です。

なので体を冷やした生活をした自分が悪い!ってことはないのです。

では次に原因は何なのでしょうか?

多くはへその緒が赤ちゃんのどこかに巻いていることが原因。
その他、子宮の形の問題や胎盤の位置の問題、へその緒の長さの問題、羊水が多い・少ないなどもあります。

※ただし全く原因が不明なこともあります。これはのちに説明します。

このように原因がある場合でも、エコーで臍帯動脈の位置などにより診察段階で分かる場合もありますが、帝王切開で初めて分かる場合もあります。
過去、原因が指摘されていない患者さんでも、結果へその緒が首や腕、足などに何重にも巻いていた例も多数あります。

ここまでをまとめると、逆子の原因はなんらかの異常がある場合多く、現在の所、お母さんの生活、特に冷えとは関係ありません。

ただしエコー時や帝王切開時にも原因がないにもかかわらず、逆子のままで出産を迎える場合も少なからず存在します。

これは現時点において明らかではないものの、赤ちゃんにとってどうしても下に行けない理由があると考えましょう。逆子でいるほうが都合が良いということです。

頭が下の方が良いのは周囲の大人の都合。主役は子供、赤ちゃんなのです。

こんな例があります。鍼灸治療を数回行いましたが、結局逆子のままだった患者さんの話です。
外回転術をおこない、なんとか頭位に改善されたとのこと。
ただし自然分娩中、胎児の回旋異常により長時間の分娩、危険な状況になったとのこと。

またこんな話もあります。

整体でなんとか頭が下になった。しかし足首にへその緒が巻いていることがわかり、結局、分娩途中で緊急帝王切開になってしまいとても危険な状況だったとのことでした。
どちらのかたも、自身を振り返ると、無理に回さず帝王切開の方が良かったと言われていました。

大事なのは回りやすい環境を整えてあげて、回るのは本人次第。
『回りたかったら回っても良いよ』というぐらいに暖かく見守るぐらいでちょうど良いかもしれませんん。
子育てと同じですよ。

さて次に逆子と診断されたらやってみたら良いこと。

現在多くの病院では
①胸膝位(逆子体操)
②側臥位法のこの2つが指導されます。

①胸膝位(逆子体操)
そもそも逆子体操の目的はなんなのでしょうか?
これは骨盤に赤ちゃんのお尻がはまっている場合を想定し、そこから浮かそうとする目的でおこなう体操です。

したがって、特に骨盤内にはまっていないと指摘されている場合は、あまり意味のない体操ともいえます。
またこの体操は、腰が痛くなる、お腹が張ってつらい、体操後胎動が少なくなるなどとおっしゃられる人も実は多いです。
骨盤に赤ちゃんのお尻がはまっていない場合は、つらい思いをしてまでこの体操をする意味はあまりないということです。
母体がつらいことは赤ちゃんもつらいのです。
したがってこの体操を指導されている場合、母体がつらくならない程度に行うことが重要なのです。

②側臥位法

検診のたびに『右側や左側を下にして寝てください』と指導されます。
なぜこのような寝方を指導されるのでしょうか?目的は何なのでしょうか?

これは赤ちゃんの背中側を上にして寝ることで、赤ちゃんの頭の重さで前転してくれるのではないだろうか?という自然回転を目的に行われるものです。

中には一日中指導された向きで頑張って寝ておられる人もおいでます。
『同じ方向ばかりなので、首や肩や腰が痛くてつらいんです』という声を聞くことがあります。

この姿勢の目的は上述したように、単に『前回りしやすいだろう~』ってことだけです。
※後ろ回りする場合だってあると思いますよ。

しがってこの側臥法も母体がつらい思いをしてまで継続して行う必要はなく、つらくない範囲で行うことが重要なのです。
※夜間睡眠中に回転していることが多いともされていますので、あまり気にし過ぎずに休むことが一番良いのかもしれませんね。

その他にはなにがあるのでしょうか?

ここに鍼灸治療が入ってきます。
鍼灸治療の目的は、子宮動脈の血流を改善させ、子宮筋の緊張を緩和させ、回転しやすくさせるためです。ここまでは実験の結果で明らかになっています。
ただし、上述したように、へその緒が巻いている場合などは、残念ながら頭が下に向くことはありません。
これは言い換えると非常に安全な治療法ともいえます。

昔は、外回転術という手法で、強制的に頭を下にする治療法が頻繁に行われていた時代がありました。
首に巻いている赤ちゃんを無理やりまわしたらどうなるでしょうか?容易に想像できますね。
実際この手技により胎盤剥離など母子ともに不幸な結果になった例が多数あったそうです。
これらのことから現在では外回転術はほとんど行われなくなりました。
現在でも行っている施設もありますが、胎児の心拍などを聴取しながら慎重に行っているのが現状です。
できる医師もすくなくなったということもあります。

鍼灸治療は子宮を柔らかくして、回転しやすい状況を作る治療法ともいえますが、強制的な治療法ではないでの、非常に安全な治療ともいえ、逆子治療の一つとして認知されつつあるのが現状です。

〈まとめ〉

逆子になるにはなんらかの原因がある。
それは現時点の科学で分かることも、分かっていないこともある。
逆子の体操姿勢などは無理しすぎないこと。
環境を整えてあげて、子供の意思を尊重する気持ちが大事。
鍼灸治療は安全なので試してみても良い治療法である。

最後に。

逆子で当院に飛び込んでこられる患者さんのパターンは、
28wでまず最初に逆子と診断されます。
『まだ全然大丈夫なので気にしないでいいですよ』と言われる
30wでまだ逆子。
『まだだいじょうぶですよ。こっちを下にして寝てみてください』と指導される。
32wでまだ逆子。
『張り止め処方され、逆子体操をしてください』と指導される。
34Wでまだ逆子。
『帝王切開も考えましょう。』で、びっくり。
ネットで検索
鍼灸治療開始35w~という方がほとんど。

ポイントは30wでまだ逆子であるなら早めに鍼灸治療を試してみると良いですよ。

原因が不明の逆子でも、もしかしたらこの時期に治療することで改善するかもしれないですから。

クロミッド~排卵誘発剤の功罪~

当院の妊活中の患者さんはタイミングレベルからARTレベルまでのさまざまです。
その患者さんを見ていると、タイミングレベルでもクリニックによって対応(処方)が違うようですね。
妊活って基本はオーダーメイドですので、個人個人といったほうが良いかも知れませんね。

さてこのレベルで押さえておきたいのは誘発剤について。
誘発剤を使用した方が良いのか悪いのか?

ってことで、今更感満載なのですがクロミッドについておさらい。

〈適応〉
第1度無月経・無排卵周期症・PCOSなど
〈臨床効果〉
排卵率60~90%
全体の妊娠率は20%程度とされ排卵率が高い割には妊娠率は低い
※生理の量が少なくなる(子宮内膜の非薄化)
  おりものが少なくなる(頸管粘液の減少)
これらが妊娠率低下の一因とされる。

累積妊娠率のカーブは6周期以降で漸増、12周期投与以降で平坦化
※長期間の投与で効果の得られない時は他の療法を検討すべき。

原因不明の不妊症へのクロミッドの効果についてはその生産率において無治療群・プラセボ群VS治療群とは有意差がないことがメタアナリシスにより示されている。
※生殖医療の必須知識から抜粋

この薬はもともと頸管粘液を減少させて避妊するという目的で開発された薬らしいです。

ってことはクロミッドでおりものが少なくなっている時点で妊娠の邪魔をしている可能性もあるかもしれませんね。
投与には『おりもの』の状態に特に注意が必要な理由はこれですね。

またクロミッドを使用している周期は自然周期よりも妊娠率が低かったとの報告もあります。
子宮内膜が原因で妊娠が成立しない(内膜の質が低下?)可能性があるということ。
着床障害を人工的に作っていることになるってことかもしれません。

〈これまでのまとめ〉
排卵していない場合はクロミッドで排卵させることで妊娠率は上がる。
ただし長期投与においては注意を要する。
統計上は1年以上続ける有益性はなく他の治療を検討すべき。
原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)には投与すべきではない。
ってことなようです。

したがって排卵していて周期が一定であれば、誘発剤は当然必要ないということになります。

しかし排卵しているけどクロミッド投与されている人もいますよね。
それはなぜでしょうか?

しかし現実には排卵しているけど妊娠しない患者さんにも投与されている場合、何を狙っているかというと誘発剤の副作用に注目

複数の卵胞が育ちやすいってこと。
つまりARTでも複数移植することで妊娠率があがるのと同様な理屈で複数の卵胞を育てることにより確率を上げようとしてるのだと指摘されています。
(クロミッド投与による多胎確率は7.5%程度。品胎は0.3%)
この率を高いとするか低いとするか・・・

つまり・・・
タイミングレベルにおて原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)においてクロミッドを投与する目的は複数(2ヶ程度)の卵胞を育てて妊娠率を上げること。

逆に言うと投与しても単一の卵胞しか育つことができなければ、クロミッドを投与する目的は達し得なかったということになります。

そしてこのように自然に排卵している患者さんにクロミッドを投与しても妊娠率が上がるというエビデンスはない!とのこと。

〈まとめ〉
自然排卵している場合、誘発剤を使用する意味は少ない。
ただし生殖分野はオーダーメイドの治療ですので、エビデンスがないからといってその人にとって無効とも言えません。
したがってタイミングレベルでの誘発剤はいろいろとあるオプションの中の一つ程度の位置づけでよいのではないでしょうか。
そしてその治療法で妊娠しなければ違うオプションを選択すれば良いのです。
その1つに鍼灸治療もありますよ!ということがいいたかったのでした。