脊柱管狭窄症の鍼灸治療

腰部脊柱管狭窄症とは?


腰部脊柱管狭窄症とは腰椎の椎間孔や脊柱管という場所が狭くなることにより、主に臀部から下肢に神経症状が出現する疾患です。特徴的な症状は歩行時に徐々に神経症状が強くなり、歩行困難になってしまいます。しかし前かがみやかがんだ状態でしばらく休息していると、症状が軽減しまた歩行可能になるます。これを専門的用語で間欠性跛行(intermittent claudication)といいます。


歩行器やショッピングセンターのカートを押しながらであれば歩行可能な場合もあります。

ただし同じような症状を有する疾患に血管が原因の場合もありますので、そちらの検査も行ったうえで診断されることが一般的です。
日本では70才以上で約10%の方がこの疾患で悩んでいると言われています。
なにが問題なのか?
歩行ができなくなるという点で、高齢者の生活の質(QOL)が著しく低下してしまいます点が問題です。また超高齢社会において、ますますこの疾患で悩まれる方は増えることが推測されています。

脊柱管狭窄症の治療

この疾患の治療は手術療法と保存療法とに大別されます。一般的にはまず保存療法が選択され、無効な場合には手術が選択されます。ただし陰部や肛門部への神経障害や筋力低下がある場合には早期に手術が選択されます。保存療法には投薬治療や理学療法などが最初におこなわれ、投薬治療は疼痛を緩和させるものや血流を改善させるものが処方されます。しかしお薬を長期的に服用する副作用の問題も指摘されています。また理学療法は一般的に腰部の牽引療法や温熱療法、低周波療法などがおこなわれますが、その効果は不明です。さてここまで一般的な西洋医学で行われる標準治療を紹介しました。鍼灸治療は先に紹介した保存療法の一つになります。
鍼灸治療と投薬と理学療法の中で、どれが一番効果があるのでしょうか?
東京大学でこれらについて比較検討した論文があります。

腰部脊柱管狭窄症の3つの保存療法の比較研究:鍼治療と理学療法による腰部脊柱管狭窄症の研究
A comparative study of three conservative treatments in patients with lumbar spinal stenosis: lumbar spinal stenosis with acupuncture and physical therapy study (LAP study)

この研究では脊柱管狭窄症によるL5神経根障害を有する患者119名に対して、それぞれ投薬治療、運動療法、鍼灸治療に振り分け、その効果を比較検討したものです。
結果は鍼灸治療が、投薬治療や運動療法に比して優位に改善したと報告されています。
これまで脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療が有効であるという報告はありましたが、保存療法の中でどれが一番有効なのかは不明でした。
しかしこの研究により最も優れた効果を示す可能性のある治療法は鍼灸治療であることが示唆されました。

それではなぜ鍼灸治療が効くのでしょうか?

~背骨の狭くなった部分が広がるの?~

そもそも骨棘や靭帯の肥厚、その他の原因により神経の血流障害が起こり、歩行で必要な神経血流が確保できなくなり神経症状が発症するのが脊柱管狭窄症なのです。手術は狭くなった部分を拡げることによって血流が改善し症状が軽減させるという目的でおこなうのです。
鍼灸治療は神経の周囲に刺激を行うことで神経そのものの血流が改善することで症状を消失させることを目的にしています。

脊柱管狭窄症と紛らわしい疾患

脊柱管狭窄症と診断・治療されている患者さんの中で、筋肉の凝り(トリガーポイント)が原因で同じような症状が出ている場合が時々見られます。また両者が組み合わさって症状を増幅させている場合もあります。
そのような場合は神経の血流を改善させる治療にトリガーポイント療法を組み合わせることで、より劇的な効果が得られる患者さんもいらっしゃいます。
筋肉(トリガーポイント)が原因の場合は画像検査には映らないので、丁寧に触診する必要があります。

脊柱管狭窄症と診断された方は、触診で確認ずみでしょうか?

忙しい病院の外来では時間的に困難な場合が多く、この点は鍼灸師でないと鑑別は困難かと思います。
神経の血流を改善すべきなのか?トリガーポイントからの痛みなのか?また混在しているのか?などを理学所見を丁寧に聴取し、治療することで精度効果は増大します。

まず手術ではなく、保存療法で最も効果的だと研究で明らかになっている鍼灸治療を試してみませんか。

まとめ〉

脊柱管狭窄症は一部を除き、保存療法が選択される。
その保存療法でもっとも効果的であるのは鍼灸治療である。
鍼灸治療は障害されている神経の血流が改善することで症状を消失させる。
中には筋肉の凝り(トリガーポイント)が原因のこともある。
画像診断のみではなく触診を含む理学所見を聴取すべきである。
手術を選択する前に鍼灸治療を試みるべきである。

当院の場合
通院頻度は最初の2週間は3回/週の治療が必要となります。その後は2回/週を目安に、3か月程度の治療期間が必要になります。

ただしトリガーポイントが原因として考えられる場合には2回~1回/週で1か月程度で症状は消失するでしょう。

症例集はこちらから

片頭痛と鍼灸治療

片頭痛は日常に支障が出る頭痛です。
鍼灸治療で片頭痛発作の頻度を減らしませんか?
首のこりや肩こりを解消することで、片頭痛発作を起こさないようにコントロールし、日常生活を送りませんか?

さてそもそも頭痛は危険な頭痛とそうでない頭痛にわけられます。
危険な頭痛はくも膜下出血、脳梗塞、脳出血、髄膜炎、脳炎、側頭動脈炎などです。
命に影響のある頭痛ということですね。

当然、鍼灸治療は危険性のない頭痛が対象になります。
臨床でよくみられるのは片頭痛や筋緊張性頭痛といわれる頭痛です。
命に別条のない頭痛とはいえ、どちらも著しく生活の質を落とします。特に片頭痛などは突然の発作で仕事を急遽お休みしなくてはいけないことなどもあり、職場やご本人にもいろんな意味で負担となっているようで、生活支障度の高い頭痛ともいわれます。

一方、筋緊張性頭痛は片頭痛に比してそれほど生活に支障をきたすわけではありませんが、生活が改善されない場合は慢性持続性の頭痛になりやすく、軽度や短期的な場合は市販の鎮痛剤が効果的ですが、重度・遷延する場合はあまり効果がないともいわれています。
また片頭痛もあるが、緊張性頭痛も両方あるという場合もあります。
いずれにしてもご本人にとってはとてもつらいものですが、鍼灸治療はとても効果的だということが研究で明らかになっていますので、それらを少しずつ紹介していきたいと思います。

あなたはどちらの頭痛ですか?片頭痛or緊張性頭痛

片頭痛:『暗い静かなところで横になり休みたくなる頭痛』

発作期間中(疼痛)は感覚が過敏になっているので、動くことで頭痛が強くなる光や音、においなど普段はそうでもない刺激でも耐えられなくなってしまう状態になることもあります。
片頭痛=(頭痛+過敏)=暗いところで横になって休みたくなる頭痛といっても良いでしょう。

もっと詳しく:
片頭痛は若くして発症する場合が多く、10~20代以下で88%が発症します。
70%の患者さんが同様の片頭痛を持った家族がいる。
患者から見て母親が片頭痛持ちなら50パーセントの確率で自分も片頭痛持ちになる。
母親片頭痛→娘70%で片頭痛母親片頭痛→息子30%で片頭痛と女性に多いことがわかります。

判断のポイント

学生のころから頭痛持ち
家族に頭痛持ちがいる
頭痛の時間は72時間以内
発作時入浴やマッサージで悪化
発作時の前兆が有無※前兆がない場合もあります。
光や音、においなどで頭痛がひどくなる、ひびく。
市販の頭痛薬は効かないまたは最初は効いていたが今は無効など。
これらに当てはまる場合は片頭痛の可能性があります。

西洋医学の標準治療

片頭痛の治療は急性期、つまり発作時の治療と予防治療に分けられます。

急性期治療:片頭痛に有効なトリプタン系薬剤(スマトリプタン、ゾルミトリプタン、エレトリプタン、リザトリプタン、ナラトリプタン)などを用いることで対処するのが一般的です。

予防治療:頭痛の有無にかかわらず投薬治療を継続し、頭痛発作の頻度、程度を軽減させる治療です。
この症状がない時にも服用するということが、患者さんにとっては少し抵抗があるようです。

特に女性などはなるべくお薬は飲みたくないというのが本音かもしれません。

そこで代わりに鍼灸治療をおこないませんか?というのがこのブログの趣旨になります。

そもそも鍼灸治療は片頭痛に有効なのでしょうか?

実は、頭痛ガイドラインにも記載されているように、鍼灸治療は有効という結果が研究により明らかになっています。
特に急性期よりも予防期に用いる治療法ともいえます。

非発作時に首や肩、頭などの筋肉の緊張を緩和させておくとこで、片頭痛発作の頻度が少なくなります。
これは鍼灸治療により脳内の血流が変化するために、片頭痛発作の頻度が減少するとのことが研究で証明されています。

『なんかこのままいくと片頭痛になりそう~』

できるなら発作が起きる前になんとかしたい。
できるだけ薬は飲みたくない
肩こりなどが普段から強いなどの患者さんは鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?

また女性ホルモンの乱れが片頭痛の誘因の場合もありますので、女性の性周期や女性ホルモンの知識も必要になります。これは妊活さんでホルモン補充治療をされているかたに頭痛が出現する場合があるのも同じ理屈ですので、婦人科系に強い鍼灸院で治療を受けることがお薦めされます。

当院では1回/週~1回/2週などの通院頻度で通われる患者さんやご自分の体調の変化を察知され、発作の前兆の、そのまた前ぐらいに鍼灸治療を受けられる患者さんもいらっしゃいます。

自分の頭痛が片頭痛なのかを確認し、鍼灸治療でコントロールし楽しい日常生活を送りましょう。