突発性難聴の鍼灸治療

 

当院では耳疾患に対する鍼灸治療もおこなっています。

このサイトに訪れている方はすでに突発性難聴についていろいろとご自分で調べられているものの思いますので、簡単な紹介の後に当院の鍼灸治療方針を紹介したいと思います。

 

〈突発性難聴とは〉

突然に耳が聞こえなくなる疾患で、時に回転性のめまいを伴う場合もあります。

原因はウイルス説・循環不全説などありますが、詳細はいまだ不明です。

発症1週間以内に治療を開始することが非常に重要とされており、まずはステロイドパルス療法が施行されます。医療機関によりディブラーゼ投与、星状神経節ブロック、高圧酸素療法なども併用される場合もあります。

ステロイドパルス療法を約2週間程度おこない、続けて血流改善目的で投薬治療が継続・経過観察されるのが一般的です。

この2週間で聴力の改善が認められる場合には予後良好であるとされる一方、聴力の改善が不変な場合には予後不良な場合が多いとされています。

その後、患者さんはビタミン剤等を服用しながら定期的な標準純音聴力検査をおこなうというのが一般的です。

さてここまでは耳鼻科での治療の流れを説明させていただきました。

まずは聴力の改善を目指します!

一番不快に思われるのは会話が聞き取れないことだとおっしゃる方が多いようです。人間の会話は下記のように1000Hzを中心とした領域の聴力が重要であることがわかります。したがってこの1000Hz周辺領域の聴力が改善すれば日常生活上の負担が軽減することになります。ただし蝸牛の解剖学構造上、低音領域のほうが改善しやすい傾向にありますので、聴力の変動を観察しながら鍼灸治療をおこなっていきます。

 

〈突発性難聴でつらいのは聴力の低下だけではありません〉

これまで突発性難聴の患者さんを数多く見させていただきましたが、患者さんがつらいと感じる症状は聴力の低下(難聴)のみではありません。むしろ難聴発症時より下記のような付随する症状にとても苦しんでいる例が多いようです。

  • 音が響いて聞こえる(リクルートメント現象)
  • 耳が詰まった感じがする(耳閉感)
  • 耳から異音が聞こえる(耳鳴)
  • ふわふわとした感じがする(浮動性めまい感)

これらの症状も実はとても不快なのです。

したがって治療目標・計画は以下のように設定しています

  1. 聴力の改善が第一目標。発症から約3か月間は耳鼻科でおこなわれる標準純音聴力検査を参考にし、効果を判定しながら聴力の改善目的に鍼灸治療をおこないます。聴力が少しずつでも改善している場合であれば継続して治療をおこないます。
  2. 付随する症状に対しても同時にアプローチし、消失を目指します。付随している症状は聴力の低下による内耳から聴覚野にいたるまでの補正現象の一つですので、補正が完了し症状が消失するように内耳の神経~聴覚野に至る神経系統に刺激を与え、早期の正常化を目指します。

聴力改善を目標としますが、残念ながら聴力低下のまま固定した場合でも、付随する症状が消失するだけで日常生活の質は大きく改善します。

当院の鍼灸治療

中枢神経の血流を改善、および自律神経の偏り(主に交感神経優位)を是正するようなポイントに鍼灸治療をおこないます。

 

当院では特に顎に着目し、顎関節の機能不全を改善するような方法を用いることで、耳疾患に対応していきます。

 

下記の項目が当てはまる場合は当院の鍼灸治療が効果的かもしれません。

 

・舌の辺縁部に歯の痕がついている。

 

・エラが張っているように見える

 

・口を大きく開けにくい

・首・肩がこっている。

〈その他〉

・どちらかの肩が下がっている。

・時々頭痛になることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *