治療科目

不妊鍼灸~新しい生命の誕生のために鍼灸という選択を~

一般歯科

妊活はストレスとの共存ともいえます。そのストレスは生体にとってさまざまな負の状態をつくりあげます。

妊活にとって最大の敵はそのストレスともいえます。生殖クリニックの医師をはじめ看護師、培養士さんからはストレスをためないようにと指導されていますよね。でもそれって無理ではないですか?

鍼灸刺激は自律神経を介し、体をストレスフリーの状態にさせることができます。            つまり交感神経優位→副交感神経優位に変えることで良好な卵子、子宮内膜の獲得につなげているのです。

日本のみならず世界で妊活に鍼灸が取り入れられている理由の一番はこれです。

あなたは今の状態でまだ引き続き採卵・移植を続けますか?

鍼灸治療で体を変えてみませんか?

詳細はこちら


逆子・安産

小児歯科

当院では出産準備の鍼灸治療もおこなっております。

2004年 逆子(骨盤位)外来を開設以降逆子の症例を100例を優に越しており、近隣の産科医や助産院からも紹介をいただけるようになりました。

県内トップの症例数を持つ当院で逆子の治療をしてみませんか?

逆子詳細はこちら


安産詳細はこちら


神経痛

インプラント

痛み、特にしつこい神経痛に対して鍼灸治療の効果は抜群です。

研究により神経根周囲、神経そのものの血流を改善させることが明らかになっています。

当院では神経の血流改善を目的として、鍼通電を中心にもっとも効果の出る治療法を選択し治療を行っています。

詳細はこちら


難聴・耳鳴り・めまい

予防歯科

難聴や耳鳴り・めまいなどの耳疾患に対する鍼灸治療もおこなってます。

研究発表や論文寄稿などこの分野でも研究している鍼灸院です。

〈実績〉

日本東洋医学会北陸支部2015.2016.2017にて発表

医道の日本、耳疾患特集『難聴症例』2018、1月号掲載

詳細はこちら


一般鍼灸(肩こり・腰痛など)

矯正歯科

トリガーポイント療法により疼痛部位へダイレクトに刺激することで著名な効果をだしています。

また疼痛の背後に隠れている要因を丁寧に探し出し、対処していきます。

肩こり→筋、筋膜性、眼精疲労、食いしばり、胃腸機能低下、ストレス、うつ状態など

腰痛→筋・筋膜性、ストレス、うつ状態など


うつ・パニック・線維筋痛症

審美歯科

いずれも脳の偏桃体などをはじめとする中枢のトラブルが問題です。

鍼灸刺激は神経を介して脳(中枢)に刺激が入力されます。

うつ病に対しては抗うつ剤単独よりも鍼灸治療を併用する方が効果的であるというシステマティックレビューが発表されました。

また線維筋痛症に対してはガイドラインにも鍼灸治療が掲載されています。


【治療科目一覧】

不妊鍼灸

逆子

難聴

坐骨神経痛

交通事故

頭痛