円形脱毛症

円形脱毛症は類円形の脱毛斑を生じる疾患です。

さて円形脱毛症の原因はストレスによる免疫異常と言われています。

ストレス状態を自覚している方、そのようなイベントがあった方もいらっしゃれば、全くストレスを自覚していない方にも発症することもあります。過去、行く先々のクリニックでストレスのことを尋ねられたが、全く心当たりがないという方もいました。

しかしストレス社会といわれている現代においてストレスが皆無という方も少ないのではないでしょうか。そういった意味ではだれでも発症する可能性のある疾患とも言い換えることができそうです。

円形脱毛症になったら

円形脱毛症を発症したら(急性期)、まずは皮膚科などの専門外来で標準治療を行ってもらいます。

一般的には以下のような治療をすることになります。

ステロイド療法(ステロイドパルス療法・局所注射療法・内服・外用療法)

局所免疫療法・セファランチン内服療法・グリチルリチン,グリシン,メチオニン配合錠の内服療法・カルプロニウム塩化物の外用療法・ミノキシジル外用療法・冷却療法・紫外線療法・直線偏光近赤外線照射療法

予後

ガイドラインによると『単発型あるいは少数の脱毛斑(数個程度)の症例の場合,発症後1年以内は経過を観察するだけでもよい。』としています。

でも・・・

女性男性問わず、円形脱毛斑そのものが強烈なストレスとなり治癒過程を遅延、阻害する因子ともなることに注意する必要があります。

また専門のクリニックで通院している人が多いため、頻繁に通院することができないため、飲み薬や塗り薬のみの治療が主になり、その他の有効な治療、例えば冷却療法や直線偏光近赤外線照射療法などを継続しておこなうことが困難な場合もあるようです。

そこで1日でも早く治るために、スーパーライザーや鍼灸治療を始めませんか?

円形脱毛症は単発型・多発型・蛇行型・全頭型・汎発型に分類されますが、当院では単発型および多発型に対して直線偏光近赤外線治療器(スーパーライザー)を患部や星状神経節に照射する方法に加え、鍼灸治療を併用して治療を行っています。

スーパーライザー

〈当院での円形脱毛症の適応〉

  • 単発型・多発型の方
  • 症状が固定された方
  • 医療機関で標準治療を行っているまた行っていた方

以上に該当する方に限らさせていただいています。

〈治療目的〉

  • 早期の発毛を目指すこと
  • 再発を防止すること。

当院での治療

直線偏光近赤外線治療(スーパーライザー)

脱毛局所に照射します。

交感神経ブロック目的で星状神経節へ照射します。

スーパーライザーの照射については日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドラインでもC1(おこなってもよい治療)とされています。

直線偏光近赤外線照射による円形脱毛症の治療の試み

星状神経節ブロックについてはC2とされていますが、これは注射針でのブロックについて述べたものであり、スーパーライザーを使用することで、ガイドライン中に記載してあるリスク懸念はなくなります。

鍼灸治療

自律神経の正常化および免疫の正常化などを目的におこないます。

頭皮血流および局所免疫改善を目的に脱毛周囲におこなうこともあります。

またこれまでのストレスによる首肩コリなどを緩和させ頭部血流の改善を目指します。

鍼灸治療に関してはガイドラインでC2とされています。しかし研究がまだ少ないため有効無効とする根拠がまだない点でこのような評価になっています。しかし広く発毛効果に関しての報告がある点を考慮・評価してくれている内容になっています。実施方法, 評価方法を統一し,臨床試験で十分に検証されることが今後の検討課題です。

〈通院頻度〉

週に1回治療を行い、3か月後に評価します。

多くはその前に発毛が確認できます。

3か月後においても発毛が確認できない場合は治療中止としています。

円形脱毛症でお悩みの方は当院までご相談ください。

クロミッドを理解しよう

当院の妊活中の患者さんはタイミングレベルからARTレベルまでのさまざまです。

その患者さんを見ていると、タイミングレベルでもクリニックによって対応(処方)が違うようですね。妊活って基本はオーダーメイドですので、個人個人といったほうが良いかも知れませんね。

そもそも誘発剤を使用した方が良いのか悪いのか?

しかしそれを考える前に基本的な知識を押さえておきましょう!ってことで、今更感満載なのですがクロミッドについておさらい。

〈適応〉

第1度無月経・無排卵周期症・PCOSなど

〈臨床効果〉

排卵率60~90%

全体の妊娠率は20%程度とされ排卵率が高い割には妊娠率は低い

※生理の量が少なくなる(子宮内膜の非薄化)

  おりものが少なくなる(頸管粘液の減少)

これらが妊娠率低下の一因とされる。

累積妊娠率のカーブは6周期以降で漸増、12周期投与以降で平坦化

※長期間の投与で効果の得られない時は他の療法を検討すべき。

原因不明の不妊症へのクロミッドの効果についてはその生産率において無治療群・プラセボ群VS治療群とは有意差がないことがメタアナリシスにより示されている。

※生殖医療の必須知識から抜粋

この薬はもともと頸管粘液を減少させて避妊するという目的で開発された薬らしいです。

ってことはクロミッドでおりものが少なくなっている時点で妊娠の邪魔をしている可能性もあるかもしれませんね。これがデメリットになります。

投与には『おりもの』の状態に特に注意が必要な理由はこれですね。

またクロミッド使用している周期は自然周期よりも妊娠率が低かったとの報告もあります。

子宮内膜が原因で妊娠が成立しない(内膜の質が低下?)可能性があるということ。

着床障害を人工的に作っていることになるってこと?

〈これまでのまとめ〉

  1. 排卵していない場合はクロミッドで排卵させることで妊娠率は上がる。
  2. ただし長期投与においては注意を要する。
  3. 統計上は1年以上続ける有益性はなく他の治療を検討すべき。
  4. 原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)には投与すべきではない。

ってことなようです。

したがって排卵していて周期が一定であれば、誘発剤は当然必要ないということになります。

しかし排卵しているけどクロミッド投与されている人もいますよね。

それはなぜでしょうか?次にそれを考えます。

排卵はあるけどクロミッドはなぜ?

現実には排卵しているけど妊娠しない患者さんにも投与されている場合、何を狙っているかというと誘発剤の副作用に注目。

複数の卵胞が育ちやすいってこと。

つまりARTでも複数移植することで妊娠率があがるのと同様な理屈で複数の卵胞を育てることにより確率を上げようとしてるのだと指摘されています。

(クロミッド投与による多胎確率は7.5%程度。品胎は0.3%)

この率を高いとするか低いとするか・・・

つまり・・・

タイミングレベルにおて原因不明の不妊(排卵しているけど妊娠しない)においてクロミッドを投与する目的は複数(2ヶ程度)の卵胞を育てて妊娠率を上げること。

逆に言うと投与しても単一の卵胞しか育つことができなければ、クロミッドを投与する目的は達し得なかったということになります。

ただしこのように自然に排卵している患者さんにクロミッドを投与しても妊娠率が上がるというエビデンスはない!とのこと。

〈まとめ〉

自然排卵している場合、誘発剤を使用する意味は少ない

ただし生殖分野はオーダーメイドの治療ですので、エビデンスがないからといってその人にとって無効とも言えません。

したがってタイミングレベルでの誘発剤はいろいろとあるオプションの中の一つ程度の位置づけでよいのではないでしょうか。

そしてその治療法で妊娠しなければ違うオプションを選択すれば良いのです。

その1つに鍼灸治療もありますよ!ということを紹介がしたかったのでした。