つわりの鍼灸

つわりは妊娠中に起こる主に悪心嘔吐などのことをいい、とくに早朝空腹時が多いとされていますが、個人によってさまざまです。

 つわりは妊婦の50~80%に起こりますが、50%は14週まで、90%は22週までに消失し、10%は22週以降も続いてしまうとされています。

さてそもそもなぜつわりになるのでしょうか?

免疫説、ホルモン説など諸説ありますが、現在では食欲を低下させることで血中インシュリンの濃度を低下させていること、食物内の毒素が体内に入るのを防いでいることなどにより胎盤形成がスムーズになっているのではないかという説が有力になっています。

研究によるとつわりが流産の確率を現象させているということが明らかになっています。

そもそも生体の反応には必ず意味があります。

つわり症状も上記のような大切な意味がありますが、必要以上の症状は鍼灸にて軽減(生体に必要な分は残存) させることはできます。それによって日常生活をのつらさを軽減 し楽しいマタニティ生活を送るというのが鍼灸治療の意味ともいえます。

使用する主な経穴は内関、裏内庭、豊隆、足三里というツボ。

基本は胃腸症状ということで胃の運動機能に関与する経穴が主になります。

また妊娠中ということでいわゆる卵巣子宮機能関連の経穴も併用することもあります。 いずれもその部位に反応があるところが治療点となります。
ただし研究によると内関というツボは患者さん自身の指圧やバンドが効果的となっていますので、セルフケア


さて今までのつわりに対する鍼灸治療は 「つわり症状を軽減させ、自然に消失するまでの時期を乗り切る」という報告がほとんどになります。
私の希望とすれば・・・ つわりの発症早期より鍼灸治療を行うことで、 22週以降もつづくとされる10%の割合が少なくなる。 (鍼灸してると消失する時期が早くなるんじゃないか?って思ってます) もしくは重症化(妊娠悪阻)の予防になるという報告があるといいなあって思う。 産科医にとってもそちらの方が「おっ!」って興味そそるんじゃないかなあ(QOLも大切ですが)
付録としてさらさら~っとどんなツボなんか使っているかをあげときました。
参考にしてください。(一般の方はスルーで)

イメージ 1

この手首のツボを押す。 つわり症状がつらい時だけではなく、調子の良い時も押しておくのがポイント!

睡眠を変えると卵子が変わる!子宮が変わる!

今までは健康の基本は食事と運動といわれていました。

現在ではそれに睡眠も加えて健康の3要素といわれるようになりました。
最近の研究でも良質の睡眠が取れてない人に生活習慣病の発生率が高いという報告があります。その結果を受けて、アメリカでは多くの会社が社員の健康維持のため、良質の睡眠を社員が取れているかどうかを別の会社に委託管理させているようになっているそうです。
少しぐらい委託管理料を払っても最終的に社員が体調不良で休んでしまったために生ずる損失よりも会社の利益が大きいということです。さすがアメリカですね。

すなわち単純な睡眠時間ではなく、いかに良質な睡眠を取るか?がポイントなのです。
では良質の睡眠とはどんなものをいうのでしょうか?
22時~2時(22時~3時までという説もあります)の時間に睡眠を取ることが良質の睡眠といわれています。
この時間は脳を含む体の臓器が昼間のさまざまなストレスから解放され、修復される時間なのです。成長ホルモンなどもほぼ同じ時間に分泌されるといわれており、昔から寝る子は育つといわれるのはこのためです。
美容業界では『睡眠のゴールデンタイム』ともいわれています。
美しさを保ちアンチエイジングするのは外見だけではありません。
そもそも肌・皮膚などは内臓の状態を反映します。
美しい肌を保つということは健康な内臓を保つということとイコールなのです。
したがってこの時間にしっかりと睡眠を取るだけで卵巣や子宮にとってもアンチエイジング!若返ることができるということです。
高価なサプリメントをたくさん摂取するのもいいですが、睡眠時間を工夫するだけで卵巣や子宮が若返るなんてこんな良い事はないと思います。

なにより費用がかかりませんからね。

しかし今まで夜型の人は『そんな10時になんか眠たくならない!』という人も多いでしょう。
そんな時は人間の生理学的作用を利用します。
そもそも良質の睡眠にはメラトニンというホルモンの一種が必要になります。
このメラトニンは暗闇から目の網膜に光が当たって約15~16時間後に分泌されるという特徴があります。これを利用します。
朝6時に起床して朝日を浴びれば16時間後すなわち10時には自然とメラトニンが分泌されます。すなわち眠くなるということです。
したがって早寝早起きではなく早起き早寝です。
早く眠るようにしたければ前日にちょっと無理して早起きして朝日を浴びれば自然と早寝ができる⇒良質の睡眠が可能⇒アンチエイジング⇒卵巣・子宮が若返る!
当院の患者さまに伺ってみるとみなさん遅くまで起きていなくてはいけない理由はさまざまあるようですが、それぞれで工夫して少しでも良質の睡眠が取れるようして卵巣・子宮の若返り、アンチエイジングを目指しましょう!

それでもなかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど、なかなかすっきり眠れない人は自律神経のバランスが乱れていることが原因の一つです。鍼灸治療で自律神経を整えて良質な睡眠がとれるようにお手伝いします。