鍼灸で産後のケア

心身の疲労が抜けない、うつ症状、食欲がない、睡眠不良、抜け毛、母乳が出ない、生理が来ない、2人目不妊、腰痛、肩こり、腱鞘炎、頭痛など産後に多い症状に対して鍼灸でケアを行います。

産後は出産時の影響でさまざまな影響が出ます。これは女性が妊娠中から出産後までドラスティックに体の環境が変化することに起因します。また近年、高齢の出産が増加傾向にあることからこの変化に対応できない、あるいは対応するまでに時間がかかる(産後の回復の遅れ)などから日常生活もままならないぐらいにつらくなる方も多いです。

また授乳中の場合はお母さんが摂取した栄養で母乳を作り分け与えることになりますので、より一層体調の回復は遅れることになります。またこの時期は投薬治療も限られますので、ただひたすら「体が楽になる日をじっと待つ」という方も少なくありません。

これらを総称して産後のマイナートラブルといいます。

マイナートラブル全般に対して

東洋医学では産後の状態を気虚・血虚・陰虚などが多くみられるとされています。心身の疲労、抜け毛、食欲不振、などもこれらが原因でいずれも妊娠、出産により母体のエネルギーが枯渇した状態が原因です。

そこで鍼灸療法ではそれらを補うようなツボに施術しエネルギーを補填することで体力の回復を図ります。

その他よくある症状について

産後の腰痛

原因

出産時の子宮骨盤の戻りが悪いこと

骨盤底筋や腹筋などの筋力が低下していることを背景とした、繰り返し行う赤ちゃんのベッド移乗などによる腰部への負担などが挙げられます。中には代償作用による大腰筋や臀筋群が痛みを出していることもあります。

鍼灸ケア

負担になっている腰部への施術+体力回復のための施術を組み合わせることで症状の改善を目指します。

よくある質問

Q、産後の骨盤矯正は必要ですか?

A、妊娠中から産後にかけて腰痛が発症した時、骨盤の異常として考えられることが多い。

骨盤の緩み、歪みなどと表現され産後の骨盤矯正が必須かのような宣伝文句も拝見されます。

本当に産後の腰痛は骨盤が原因なのでしょうか?

下記の報告を参考にしながら考えてみます。

産褥期の腰痛に関する研究:中澤貴代

この研究は質問紙法で有効回答数253/598で検討。

ちなみに産褥期とは出産後、妊娠前の体に戻るまでの期間をいいます。

一般的には6週から8週と言われています。

さて腰痛はいつから発症する人が多いのでしょうか?

下記はそれを表しています。

妊娠前から腰痛があった人が最も多く、妊娠を契機に腰痛を発症した人もついで多くあわせて41.9%になっています。

これらの人は産褥期においても腰痛が持続する傾向にあることがわかります。

次に下記のグラフを見てみましょう。

私が注目したのは恥骨結合部と鼠蹊部の痛みを訴えている群です。

妊娠前よりも妊娠期や分娩後1週間の方がグラフが高値になっているのがわかります。

この期間に痛かったと答えた人が多いということです。

また分娩後1ヶ月後には低値になり、痛いという人は少なくなっているということになります。

つまり恥骨結合部と鼠蹊部の痛みに関しては明らかに妊娠から出産までの間に何らかの影響で痛みが出現し、その影響は分娩後1ヶ月時には少なくなるということを表していると思われます。

これがリラキシンなどの作用により靭帯が弛緩し骨盤輪由来の痛みだと考えます。

産後にリラキシンの分泌は急速に減少し、約1ヶ月で靭帯の弛緩はもとに戻ると言われていますので、まさに一致します。

また分娩様式では腰痛の出現率に差はなかったと本文中にあることから出産時の影響はあまりないようです。

ここで仙腸関節部の痛みについて考えます。

上記のグラフでもこの部に痛みを訴える人がかなりいることがわかります。

筆者は仙腸関節部に痛みを訴える=仙腸関節由来の痛みとしていますが、ここに間違いがあります。

仙腸関節部に痛みを訴えている症例でも多裂筋や大殿筋や中殿筋、梨状筋、また脊髄神経の後枝由来の痛みのことの方が圧倒的に多いということは臨床をしているものであれば疑う余地はないでしょう。

image

したがって仙腸関節に痛みを訴える人の全てが骨盤輪由来の疼痛ではないということを頭に入れておくことが重要だと考えます。

そのほかの要因として、

産後の腰痛については骨盤底筋や腹筋の筋力低下

抱っこや授乳姿勢、ベッド移乗などに伴う腰殿部への負荷

睡眠不良による疲労

授乳による体力低下

などの複数の要因が重なって産後の腰痛として発症していると言われています。まとめると
産後の腰痛について、妊娠前や妊娠を契機に腰痛を発症する人が多く、そのような場合は産褥期まで継続する。
恥骨結合部と鼠蹊部の痛みは骨盤輪由来の疼痛の可能性が高いが産後1ヶ月程度で改善傾向を示す。
仙腸関節の痛みを訴える人も多いが、全てが仙腸関節(骨盤輪)由来ではない可能性が高い。
産後の腰痛を訴える場合は、育児期特有の背景もあるため総合的視点で考えなければいけないですね。
最後にこの研究ではそれぞれどのように対処しているかについて腹帯(42.2%)、腰痛体操(26.2%)、骨盤ベルト(6.7%)医療機関(3.1%)などであったとし、希望する対処法としてはマッサージ(51.0%)が1位だったことも紹介しています。

あん摩マッサージ指圧師の先生にとってはチャンスかもしれません。鍼灸師にとってはセルフ灸などで対処できることが浸透していないようです。引き続きの活動が必要かもしれませんね。

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

頭痛

授乳姿勢や抱っこ姿勢などにより首や肩の筋肉の緊張が原因で頭痛を起こすことがあります。

慢性前立腺炎の鍼灸

目次

  • 前立腺炎の説明
  • 慢性前立腺炎とは
  • 本邦における慢性前立腺炎に対する鍼灸療法の報告
  • 当院の慢性前立腺炎に対する鍼灸療法
  • 症例報告
  • 不適応なケース

前立腺炎とは

前立腺炎とは,主に刺激性または閉塞性の泌尿器症状と会陰部痛の組合せとして出現する多様な疾患群を指す。

成人の9%でみられ、30代~40代に多くみられる。

尿検査・直腸診・前立腺マッサージ前後の尿検査および臨床像などで診断される。


症状はカテゴリーにより異なるが,典型的にはある程度の尿路の刺激または閉塞および疼痛がある。刺激症状は,頻尿および尿意切迫,閉塞,残尿感,排尿直後の再度の排尿,または夜間頻尿として現れる。疼痛は典型的には会陰部であるが,陰茎の先端,腰部,精巣に感じることがある。一部の患者は射精痛を訴える。

(NIHによる分類)

Category Iが急性細菌性前立腺炎、

category IIが慢性細菌性前立腺炎で細菌が検出される。

細菌が証明されないcategory IIIは慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome; CP/CPPS)とも呼ばれ、90%以上を占める。Category IIIは炎症を有するIIIAと炎症を有さないIIIBに細分される。

症状を有さないが前立腺生検組織標本や前立腺圧出液・精液中に炎症所見を認めるものをcategory IV(無症候性炎症性前立腺炎)とする。

慢性前立腺炎とは

Category IIとIIIが慢性前立腺炎と呼ばれる病態である。

Category IIICP/CPPSは、(1)泌尿器の疼痛または骨盤周囲の不快感と、(2)尿路症状と性機能障害のいずれかまたは両方が、過去6カ月間に3カ月以上持続しており、尿道炎、尿生殖器癌、尿路疾患、尿道狭窄、膀胱に影響を与える神経疾患ではないことが明らかな状態を指す。

このカテゴリーにおける一般的な西洋医学的治療は抗炎症薬,筋弛緩薬(例,ときに骨盤底筋の攣縮を軽減するためのcyclobenzaprine),αアドレナリン遮断薬,その他の対症療法(温坐浴など)などがある。

上述の治療法全ての考慮に加えて,これまでに抗不安薬(例,SSRI,ベンゾジアゼピン系薬剤),仙骨神経刺激療法,バイオフィードバック,前立腺マッサージ,および低侵襲の前立腺処置(マイクロ波高温度療法など)が試みられているものの,治療に関する質の高いエビデンスはほとんどないのが現状であり、治療に難渋する例も存在する。

(Category IIICP/CPPSは成人男性の前立腺炎で90%)

その結果として常に存在する疼痛・違和感などがストレスとなり、自律神経系や中枢感作・うつ病などを発症してしまう症例もあるとされている。

本邦における慢性前立腺炎に対する鍼灸療法

 主な報告は以下の通りである。

  1. 慢性前立腺炎に対する鍼通電療法、形井秀一、1992
  2. 慢性前立腺炎と前立腺炎様症候群の臨床的研究 7.慢性前立腺炎様症候群難治症例に対する低周波針通電療法、池内隆夫、1994
  3. 慢性骨盤痛症候群による会陰部不快感に対する陰部神経鍼通電療法、杉 本 佳 史、2005

下腹部や中髎穴、陰部神経などを治療部位とし、鍼通電をもちいているのがわかる。

当院の前立腺炎に対する鍼灸療法

慢性前立腺炎との診断をNIH分類のカテゴリーⅢB(慢性骨盤痛症候群・非炎症性)に該当する方への鍼灸施術となります。

当院の考え方

今感じている痛みや違和感は筋肉のトリガーポイントの関連痛及び絞扼性神経障害によるものと考えて施術します。

トリガーポイントとは筋肉に形成されたコリは発痛点となり、あたかも前立腺からの痛みのようになることをいいます。

また絞扼性神経障害とは、神経が筋肉に締め付けられて神経血流が低下し、神経痛様の疼痛の原因となっていることをいいます。

これら全てはトラベルらのトリガーポイントマニュアルを参考にしています。

【以下絞扼性神経障害について抜粋】

・・・陰部大腿神経は筋腹の中心を通って前面に現れる。時として腸骨下腹神経、腸骨鼠径神経も本筋の筋腹を通過することがあり、不可解な痛みと知覚障害は圧迫・絞扼による症状の可能性も考慮するべきとしている。また陰部大腿神経の絞扼障害は鼠径部、陰嚢、陰唇、大腿内側に痛みと知覚障害を起こす・・・

座位姿勢のために前立腺が圧迫されて炎症を起こしているのではなく、

股関節の屈曲姿勢のために大腰筋の持続的収縮が矯正される→大腰筋が鬱血状態→トリガーポイント形成または神経の絞扼→疼痛が生じている

したがって抗生物質やセルニルトンなど前立腺へアプローチしても症状が消失しない理由がここにあります。

【症例】

「下腹部から会陰部の違和感が改善した症例」

【症例】32才 男性 細身

【初診日】X年4月24日

【主訴】下腹部から会陰部の違和感

【現病歴】

X—1年:特に思い当たる原因なく下腹部に違和感が出現し、次第に会陰部まで広がった。一定期間経過観察していたが症状が改善しないためインターネットで調べ前立腺が原因ではないかと考えた。そこで泌尿器科を受診し、非細菌性の慢性前立腺炎と診断された。投薬治療を開始するも症状改善せず、X年4月に鍼灸治療を希望され来院。

【症状】

持続する下腹部から会陰部の違和感、射精時や射精後に違和感増強する。

起床時や就寝時に特に強くなる。

足の冷え(++)

長時間の座位や立位で大腰筋をストレッチさせるような姿勢になる。

慢性前立腺炎症状スコア(NIH-CPSI)16点(中等度)

HAD尺度 記載なし

【東洋医学的所見】

輪郭は肝虚・眼輪筋部軽度くま・色白

腹診:胸脇苦満・瘀血部圧痛

【理学所見】

トーマステスト(+)

小転子(圧痛、ジャンプサイン)、下腹部の大腰筋の筋腹(圧痛、放散痛、ジャンプサイン)

腰部の疼痛・圧痛(-)

【病態把握】

大腰筋のトリガーポイントからの関連痛、または大腰筋の短縮による絞扼性神経障害と安段した。

東洋医学的には瘀血と判断した。

【治療】

小転子の大腰筋付着部へスーパーライザー・パイオネックス貼付

大腰筋のストレッチとウォーキング・入浴を行うように指導した。

【経過】

5/2 (第2診)違和感10→3

5/17 (第5診)違和感10→1

5/23 (第6診)下腹部の違和感10→0となり経過観察とした

        慢性前立腺炎症状スコア1点

12/6 (第7診)数日前より下腹部に軽度違和感が出てきたため来院

        慢性前立腺炎症状スコア14点

3/12 (第8診)前回の治療直後から違和感消失し再出現せず。

        最近運動が出来ていないため体の変化を見て欲しいとのことで来院。

        症状は(―)

前回同様の治療・指導をおこなった。

第6診以降約10ヶ月で症状は数日のみのため終了とした。

【結果】

4/24 初診5/23 第6診12/6 第7診3/12
16点1点14点実施せず
大腰筋圧痛(++)大腰筋圧痛(+)大腰筋(圧痛++)大腰筋(+)

【考察】

本症例はストレッチ姿勢、トーマステスト(+)小転子付着部や筋腹部の圧痛などの所見が存在していたことから、大腰筋がなんらかの関与をしている可能性が示唆された。また刺激法としては過去に経験した症例、本人が鍼治療は初めてということも考慮にいれ、スーパーライザーとパイオネックス貼付という軽微なものから始めることした。また足の冷えや所見から瘀血傾向も考慮し、入浴、運動などを指導しそれを実践していただいた。しかしなにより自律神経やうつ、中枢感作などの状態がなかったことが早期に症状の改善につながったものと考える。

結果として早期に疼痛の改善を認め、約10ヶ月の経過観察でも症状の再発は短期的なものであったことは本症例において選択した方法は妥当であったものと考える。 自律神経症状やうつなどを併発していないようなタイプにおいて、この方法はシンプルかつ、誰でも容易に行うことが可能なため、大腰筋の所見があれば試みても良い方法だと考える。

不適応なケース

抗うつ剤や抗不安薬など精神科系のお薬を服用している場合は不適応とさせていただいています。