ヒートショックプロテインと妊娠

レタスやキャベツを50℃の温度のお湯で洗浄すると日持ちが良くなるというのをご存知ですか?
これは表面の付着物を洗浄するという目的もあるようですが、一番は野菜の持っているヒートショックプロテインを増大させて酸化を防いでいるのです。

ゆで卵を生卵に戻す?こんなことが可能だと思いますか?

理論上は可能であるといわれています。これもヒートショックプロテインのためです。
このヒートショックプロテインとは野菜だけでなく、大腸菌から人間まで生物のほとんどが持っているタンパク質です。
ほとんどの生物が持っているということは、生命維持にとってなくてはならないタンパク質であるということを表しています。
最近の研究でこのタンパク質が妊娠に大きく関与していることが少しずつ明らかになってきています。

では妊娠の話に入る前に少し簡単に、このタンパク質についてご説明させていただきます。

このタンパク質はヒートショックプロテイン(熱ショックプロテイン)とかストレスタンパクとか分子シャペロンという名で呼ばれています。
元々このタンパク質の発見が熱によるストレスに関連することからこのように呼ばれています。
このタンパク質の働きは大きく分けて3つに分けられます。


①ストレスを受けた時に活躍します。

分子レベルでは病気や傷害を受けたということは、その細胞のタンパク質が壊れてしまったことを指します。この壊れたタンパク質を修復したり、修復不可能な場合は自己死(アポトーシス)へ導きます。そして正常なタンパク質に置き換える役目をします。
不良なタンパク質をそのままにしておくとそこからまた新たな病気を引き起こすことになります。
『タンパク質の修理屋さん』です。

②ストレスを受けていない時は通常のタンパク質の生成から移動、廃棄までそのタンパク質の一生に寄り添い良質のタンパク質を生体内で維持できるように働いています。
これを恒常性維持といいます。人間の体は水分を除けばほとんどタンパク質でできています。したがってタンパク質の恒常性維持とは健康維持ということになります。
タンパク質あるところに、陰ひなたに寄り添ってお世話係として存在しています。

③熱耐性効果を持っています。

酵母は通常50℃で死んでしまいますが、前もって37℃で加温してやりヒートショックプロテインを増やしておくと50℃でもほとんど死ななくなります。
人間に置き換えると、強いストレスを受けるイベント、仕事上や受験等々やスポーツの大会試合などの前にこのヒートショックプロテインを増やして臨むと通常受ける傷害、ストレスよりも軽い状態にできます。予防的に働くということです。
つまり人間の生命維持、健康にはその構成要素である正常なタンパク質が必要で、そのためにはこのヒートショックプロテインが必ず必要になるということです。

当然『卵子』もタンパク質でできています。受精後の分割・分化する際には大量のタンパク質が必要になります。
タンパク質が必要ということは?
そうですこのヒートショックプロテインも必要になるということです。

次になぜ自分の卵が『受精卵のグレードが低い』『なかなか卵子が分割しない』『着床しない』ということになるのでしょうか?

卵子について分子レベルで考えてみたいと思います。
なぜ分割が止まるのでしょうか?なぜ胚のグレードがひくいのでしょうか?
例えば『胚盤胞までなかなかいかない!』
っというその多くは受精卵の減数分裂時にチューブリンという部分がうまく遺伝子を引っ張ることができないために遺伝子的にトリソミーとなり分割が進まなくなるといわれています。
このチューブリンは細胞質にあるため、『じゃあ、細胞質を変えてあげよう』ということも考えられているようです。
核置換術なる療法がそれに当たります。
まあいくつか問題もあるようですが。
またミトコンドリアを活性化させて良質の卵子を!という考え方もあります。サプリやお薬でということも取り入れられているようです。
このミトコンドリア内にも当然ヒートショックプロテインがありますね。

したがって細胞質を取りかえるのではなく、このヒートショックプロテインで不良な細胞質のタンパクを修復し、良質のタンパク質により自分の力で分裂させれば良いということです。
じゃあ、どんな時にこのヒートショックプロテインが増えるのでしょうか?
細胞分裂や細胞が分化する際に増加するということはすでに紹介しました。

もうひとつ、熱をはじめ、ストレスが生体に加わった時に増加するのです。これを利用しているのが加温療法とか和温療法になります。これはそのまま熱によるストレスを与えていることになります。
その他、鍼・灸なども体の組織や細胞などには強いストレスになります。
治療されている本人は気持ち良いのですが・・・。
だから・・・『鍼灸治療を活用しましょう』ということになります。
鍼灸治療で胚のグレードがあがる、妊娠する、というのは少しずつ知られてきました。
しかしそのメカニズムについてはほとんどわかっていません。根拠がないから効かないという人もいますが、鍼灸でRCTをするという方法的困難と研究自体が進んでいないということもあるのです。
なんせ鍼灸の研究分野にはなかなか予算がつきませんので、この分子レベルでの高額な研究はなかなか進まないのが現実なのです。
しかし臨床の現場では確実に変化(体調や生理、受精卵のグレード等々)が見られるので患者さまもとても喜ばれています。(何回もチャレンジしている人はモチベーションの維持がこれまた大変ですからね)
また古くから鍼灸のメカニズム(なんで効くの?)の解明にこのヒートショックプロテインが関連しているのでは?と報告されてきました。
近年は筋委縮関連の論文でも明らかにヒートショックプロテインの増加が認められると報告されています。

つまり今までの鍼灸治療で『体調の改善、卵巣・子宮の血流改善、自律神経ホルモン系の改善、免疫系の改善』という効果、メカニズムの他に
ヒートショックプロテインをはじめとする分子シャペロン的な機能を賦活させ良質のタンパク質を持つ卵子を作り、そして妊娠に臨むことができる!
鍼灸はその可能性があるということです。
『不妊の人に鍼灸すると、どこがどうなって妊娠しやすくなるの?』と良く聞かれます。その一つのお答がこれにあたると推測しています。

メニエール病

メニエール病


メニエール病は回転性めまいに難聴と耳鳴が伴っておこるものをいいます。(定型)
ただし回転性めまいのみ、耳鳴・難聴のみの場合もあり、非定型例といいます。
回転性のめまい発作は通常1時間から6時間程度(人により数時間から半日程度の場合もあります)で治まってきます。
内リンパ水腫が原因とされていますが、なぜ水腫になるのかは現在の所不明です。
急性期にはステロイドや利尿剤、吐き気やめまいを押さえる薬が処方されます。

この疾患の場合はある日突然、回転性めまいが出現するため、仕事はもちろん、外出先や旅行先などでの発作への恐怖、不安感が常につきまといます。また無症状の時に予防的に薬を服用するのにも抵抗があり、発作を繰り返すようになります。

通常発作を繰り返すとどうなる?
初期には低音のみの聴力低下⇒進行すると全周波数の聴力低下や健側聴力も低下し、難聴、耳鳴り、補充現象などの症状が固定し不可逆性になります。したがって早期の診断・治療を始めることによって進行をくい止め、または治癒させることが重要になります。

したがってメニエール病に対しては、めまい発作をおこさないような予防的治療がすなわち、患者さんの日常生活の質を上げ、また聴力の低下消失を防ぐことになります。

治療法
急性期:基本的には対象療法となります。
7%重曹水点滴静注(~250ml)
鎮吐薬・抗不安・催眠薬・抗めまい薬・血管拡張薬・ビタミンB
ステロイドなどで治療対処することが多い。


慢性期:
生活指導・心理的アプローチと薬物療法などを組み合わせることでおおむね70%は発作予防に有効であると報告されています。
しかしストレス源を排除することや、心拍数100-120/分の運動を1時間以上週3回以上おこなうことが困難な方も多いのではないでしょうか?
そこで鍼灸治療が重要な役割をします。

セルフチェック

首・肩がこる。特に起床時しばらくは特にその傾向にある。

エラがはっているように見える

口が開けにくい

舌の周辺がガタガタになっている

以上のような所見があれば特に当院の鍼灸治療が有効です。

難聴や耳鳴、めまい感などは1回/週程度の頻度で通院が必要です。
それらが消失すれば1回から2回/月程度の頻度で経過を観察し、徐々に通院感覚を開けていきます。


鍼灸治療はメニエール病にとても有効な治療法の一つです。

当院の症例


症例:42才女性 専業主婦 やや細身
主訴:発症すると6~8時間持続する耳閉感・耳鳴り・嘔気をともなう回転性めまい
現病歴:
X-9年・・・症状出現(1~2回/年)
       各科検査も器質的異常を認めず
       メニエール病(耳鼻科)  
X-3年・・・発作回数増える(2~3回/年)
X-1年・・・7月2回、10月~12月にかけて毎月発作出現
       脳外科異常なし
       耳鼻科再受診、メニエール病と診断             
X年・・・   5月に2回めまい発作
       鍼灸院・整体院に通院も変化なし
       耳鼻科系の鍼灸を希望し来院
治療:当院独自の耳鼻科系疾患のポイントに施術

男性不妊の鍼灸

当院では女性に対してのみではなく、男性不妊に対しての鍼灸治療もおこなっています。
精子の状態が悪いと指摘されている方、いつも顕微授精で体外受精を行っている方、2人目不妊でお悩みの方などは男性側へのアプローチが妊娠への近道かもしれません。

男性不妊の原因はさまざまですが、その中で最も多いのが精子を作る能力の低下です。
原因不明なものが40%(60~80%)と最も多く、ついで精巣静脈瘤が30~40%となっています。



原因不明なものは当然ながらこれと言った決定的な治療法がないので、サプリや漢方薬、日常生活の指導などが行われます。

精子の特徴
下記の図は何も問題の無い人でもその日の体調などにより精液所見が大きく変動することを示した図です。

また実際にAIHで採精した精子について平日仕事前に採精した精子と休日のリラックスした状態で採精した精子と比較すると、休日に採精した精子が状態がよいことは明らかになっています。

このように精子の検査で問題ない人でも状態が悪い日もあり、状態は上下するということを押させておきます。
したがって、鍼灸治療により、なるべくばらつきがないような体にしておくことが重要なことの一つともいえます。

精子の研究


さて現在、精子に対する鍼灸治療の研究から少しずつメカニズムが明らかになってきました。
① 精子の質を向上させること、
鍼灸刺激により精巣血流が改善することで質から改善しようとするもの。
精子は約3ヶ月という期間を経て作られますので、約3ヶ月鍼灸治療期間が必要です。
② 前立腺から分泌される精漿成分が改善され、精子運動率が上昇さようとするもの。
短い期間の鍼灸治療で改善が可能とされています。

引用:明治国際医療大学はり・きゅう学講座と京都府立医科大学泌尿器科学教室(以下 研究グループ)の共同研究で2018年6月15日に「日本アンドロロジー学会第37回学術大会に発表されたもの



精巣静脈瘤に対する鍼灸治療

精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められます。



なぜ鍼灸なのか?
精巣静脈瘤は程度により3分類されます。このうちグレード1の軽度なものは手術をしても精液所見は変化がないとされ、手術適応とはなりません。
またグレード3で手術をおこなった結果、精液所見は改善したものの、いまだ正常値よりは低いといった場合などは経過観察のみとなることが多いようです。

したがって男性不妊に対する鍼灸治療の適応は以下の通りになります。
原因不明なもの
精巣静脈瘤のグレード1もしくは手術後

当院の治療ステップ

① 漢方専門医による漢方薬の処方
② 自宅でのセルフ灸
③ 鍼灸治療

このステップで精液所見の経過を観察していきます。

ステップ①  漢方薬

生殖クリニックでは八味丸や補中益気湯などを処方される傾向にあります。当院では提携している漢方医を紹介し、その人にあった漢方薬を処方してもらいます。
奥様がすでに当院へ通院中のご主人場合のみとさせていただいています。特に当院へいらっしゃる必要もありません。紹介状をお渡しして漢方薬を処方していただきます。
処方の内容、治療計画等は提携先の医師と共有しています。

ステップ②  セルフ灸

ツボに印をつけて、自宅でセルフ灸をおこなってもらいます。

ツボの場所 

このツボはあくまでも目安でその人それぞれで少し違います。ツボの位置がずれていると効果がすくないという点が重要です。
腰部のツボは奥様にしていただきますので、一度ご主人と来院していただく必要があります。その際、ツボへのマーキング、お灸の仕方など説明させていただきます。
初診料のみ発生します。

ステップ③  鍼灸

ステップ①~②で効果のない場合は鍼灸治療を行います。数か所の鍼とお灸、スーパーライザ―を併用して行います。通院頻度は1回/週とし、約3か月間必要になります。この間はステップ①②の手法も併用して行い、その後の精液所見の変化を検討します。

体外受精で受精卵の質が悪い、精子の状態が悪い(悪い時があった)、2人目不妊などの方は精子の状態を改善させることが妊娠への近道かもしれません。

当院の症例

ステップ③で精液所見が改善し、体外受精で妊娠出産に至った症例の精液所見の変化

低音型難聴の鍼灸治療

急性低音障害型感音性難聴(低音型難聴)は低音領域の聴力が低下する病気です。

耳鼻科では上記と診断されている場合がありますが、現在ではメニエール病の蝸牛型とするようになっています。

このメニエール病とは回転性めまい発作+耳症状(難聴・耳閉塞感・耳鳴等)が重なりそれが反復するもの。
めまいだけの場合や耳症状のだけ場合も当てはまることもあります。(非定型例といいます)

どのような経過をたどるのか?

この病気は
⇒初期は低音部の聴力低下(めまいは数時間から十数時間で改善)
⇒聴力は比較的すぐ改善する
⇒しばらくして再び発作
⇒低音部の聴力低下(めまいは数時間から十数時間で改善)
⇒これを繰り返すと聴力が改善しにくくなる
⇒悪い耳だけでなく良いほうの聴力も低下して元に戻らなくなる(最終形)
このころにはめまいは起こらなくなる。

このようにこの病気が怖いのは、めまいではなく、聴力低下が固定してしまうように進行する病気ということ。

これを防ぐには早期の診断と治療が必要と言われていますが、
いったんめまい発作が起きると病院でおこなう治療はどこでもほとんど同じで対症療法にすぎません。

したがって根本的治療は非発作時にあるといえます。

いかに発作を起こさないようにするか!
実はこれがポイントなのです。

まずはセルフチェック

首・肩がこる。特に起床時しばらくは特にその傾向にある。

エラがはっているように見える

口が開けにくい

舌の周辺がガタガタになっている

以上のような所見がれば特に当院の鍼灸治療が有効です。

難聴や耳鳴、めまい感などが1回/週程度の頻度で通院が必要です。
それらが消失すれば1回から2回/月程度の頻度で経過を観察し、徐々に通院感覚を開けていきます。

鍼灸治療以外でご自分でできること


基本的にはストレス源の排除と有酸素運動になります。以下の論文を掲載しておきます。
~論文紹介~
生活指導と有酸素運動によるメニエール病の治療

対象は231名(めまいの予後判定は内130名)
①めまいの経過②聴力の経過を観察
観察期間1カ月~1年以上
治療としておこなったこと
生活指導の改善と有酸素運動、そして投薬治療の中止。

【結果】
①めまい・・・約8割が良好(消失・ほとんどない)
②聴力・・・初診時低音障害の改善47.7%、高音33.3%、全音域26.6%
有酸素運動が内耳循環を改善させリンパ水腫を軽減させた可能性を示唆

生活改善に関してかなりきつい内容。
元々メニエール病とストレスは大きく関係しています。
そもそもストレスが関与する病気はストレス源を排除するのが一番の治療。
この研究では男性は職場関連・女性は家族・家庭関連のストレスが多かったとのこと。
しかしこの種のストレス源排除って現実的には結構難しいことが多い。
じゃあ仕事変わればいいの?
じゃあ家庭環境変えればいいの?(離婚?別居?引っ越し?)

そんな簡単にできませんよね~、だから悩むのです。

また運動に関しては
心拍数100-120/分の運動を1時間以上週3回以上おこなっております。
この運動自体も結構な運動量ですが、その時間を作ること自体が生活改善になっているようにも思います。
これらのことで、内耳血流、脳報酬系が改善し、メニエールが改善する可能性が論じられていますがこの論文のように生活改善や運動が可能な人は鍼灸する必要はないと思います。
しかしそれが難しい方は鍼灸治療を試してみましょう。



妊娠中の逆流性食道炎

妊娠中の逆流性食道炎で困っている方へ。

つわりが長く続いていると思っていたら実は逆流性食道炎だったという場合もあります。

かくれ逆流性食道炎とも言います。

逆流性食道炎は妊婦さんに限らず、年々増加傾向にあるようで、食事の欧米化や肥満、ピロリ菌感染者の減少などが原因とされています。

妊婦さんの場合、産科さんでのお薬方、日常生活の指導で症状が改善されるのであればそれに越したことはありません。

それでもなかなか改善しない場合が多いのも逆流性食道炎の特徴の一つかもしれません。

妊娠中は胎児が胃を圧迫するため胃酸が逆流しやすいためです。

またホルモンの影響で消化器系の働きが低下することも理由の一つです。

なぜ逆流性食道炎はすっきりしないのでしょうか


逆流性食道炎の人は背中のコリが隠れているから治らないんです。

これをほぐしてあげると症状も治まっていきます。

この鍼灸治療や手技療法で良くなるもことが多いというのはあまり知られていません。

背中のコリってどの辺り?

ちょうど肩甲骨の間で背骨のすぐ横の筋肉なのですが、この部位のこり感は自覚症状があまりないか、胸焼けなどの症状で隠れていることがほとんどです。

またこのコリは深いところにあるので、一般の方が押さえてみてもほとんどコリを探すことは出来ません。

また首や顎のコリをほぐさないと行けない場合もあります。

こちらもこっている自覚症状がほとんど有りませんので、ご自身で気づかない場合が多いようです。

そこで当院では妊婦さんの逆流性食道炎に対しては鍼治療や手技療法、スーパーライザーなどを用いてコリをほぐしていきます。

子宮には影響のない部位および刺激量ですので、赤ちゃんには全く影響しません。

お気軽にご相談ください。

自宅でやってみるお灸のツボ

市販のお灸を使います
内関


足三里
足三里のツボの取り方
裏内庭

こんなツボも効果的ですよ。

保険で鍼灸施術を受ける場合

当院ではいくつかの条件を満たしている場合に限り、保険で鍼灸施術を受けることができます。

保険での鍼灸施術をご希望の方は下記をご確認ください。

  1. 病院で当該部位の治療中ではないこと。
  2. 主治医から鍼灸施術に係る診断書・同意書を発行していただけること。
  3. 痛み・しびれなどの症状であること。

上記すべてに該当する場合は保険による鍼灸施術が可能です。

〈保険施術の料金〉

3割負担:483円

2割負担:322円

1割負担:161円となります。

※ただし診断書に記載してある部位以外の施術は自費診療が一部加算されます。また手技療法なども併用した場合も加算されます

また保険施術の場合は予約制ではありません。

保険者(保険証の種類)によりお取り扱いできない保険者もあります。適応するかお電話にてお問合せください。

下記の詳細も確認の上ご相談ください。

〈詳細〉

①現在、病院で当該部位を治療中ではないこと。

※鎮痛剤、シップなども投薬治療となりますので処方されている期間は保険では鍼灸施術を行うことができません。

ただし、違う部位であれば可能な場合があります。

例:病院では腰の病名で鎮痛剤をもらっているが、首の痛みで鍼灸をしたい=〇

病院では腰の病名で鎮痛剤をもらっているし、腰の鍼灸を保険でしたい=×

※通院中である場合、そちらの治療を中断した場合にかぎり可能になります。

②主治医から鍼灸施術に係る診断書・同意書を発行していただけること。

鍼灸の保険施術に関しては医師の診断書または同意書が必要になります。

なお厚生労働省の通達により整形外科医に限定されているものではありませんので、何科の医師でもかまいません。

普段から風邪薬などを処方されている医師に診断書・同意書の発行をお願いしてください。

③痛み・しびれなどの症状であること。

厚生労働省の通達により鍼灸の保険施術の適応は痛みやしびれなど疼痛疾患に限定されています。

したがって妊活や逆子、自律神経系、耳疾患などでは適応されません。

以上をご確認いただきますようよろしくお願いします。

逆子と診断された時

当院は2002年より逆子外来を開設し、おそらく県内で最も多くの症例数を扱った鍼灸院であると自負があります。

そこでこれまでの振り返りのつもりで、そしてこんなことで悩んでいた人も多いですよって裏話も織り交ぜながら、逆子について書いてみようと思います。

さて逆子は『骨盤位』といいます。横向きは『横位』とも呼ばれますがどちらも逆子と同意義として扱われます。

さてなぜ逆子になるのか?の前に、これをまず押さえておきます。

『お母さんのせいではない!』ということ。

これまで『アイスクリームをたくさん食べ過ぎて冷やしたせいでしょか?』とか、『夏場クーラーで冷やしたせいでしょうか?』などのご質問をたくさんいただきました。


ネットなどでは冷えと逆子と関係あるかの如くの記載があるので、特にそう感じているのかもしれません。
振り返るとアイスクリームを食べていた人は7~8割ぐらいいらっしゃいました。
妊婦さんは暑がりということもありますし、石川県は全国一位のアイスクリーム消費県であるということも影響しているかもしれません。

しかし逆子の原因を冷えとするならば、自然分娩で出産された妊婦さんの冷えと逆子の妊婦さんとの冷えと比較検討しなくてはいけません。

したがって逆子の原因はお母さんの日常生活特に冷えと全く関係がないと言えます。

ではなぜ逆子になるのでしょうか?

これは原因のある場合と、ない場合にわけられます。

もっとも多いのは『臍の緒』が赤ちゃんの体に巻き付いている場合です。
これはエコーなど検診の際にわかる場合もあれば、帝王切開時になって初めてわかる場合もあります。
その他、胎盤の位置の関係、臍の緒が短い、羊水が少ない・多い、子宮の形態異常などがあり、この場合は頭が下になるのは難しいことが想定されます。
また原因のない場合でも、頑として逆子のままということもあります。


これはこの位置が赤ちゃんにとって都合の良い位置であると考えましょう。

こんな例がありました。

当院の逆子の鍼灸をしても改善されず、産科さんで外回転術によりようやく頭が下になった例です。いざ出産の際、赤ちゃんがうまく回旋できずに、緊急帝王切開術になってしまいました。

またこんな例もあります。

外回転術でなんとか頭が下になりいざ分娩の際、赤ちゃんの足に臍の緒が巻いていて、緊急帝王切開になってしまった例です。

お二人ともこんなことなら最初から帝王切開でいけば良かったとおっしゃられていました。

頭が下じゃないと都合が悪いのはすべて周囲の大人の事情で赤ちゃん本人は逆子じゃないと都合が悪いのです。
このように考えてましょう。


ここまでのまとめ

逆子はお母さんのせいではない。
逆子の原は、ある場合(わかる)とない(わからない)場合がある。
頭が下じゃないといけないのは周囲の大人の事情。
赤ちゃんにとって逆子がかえって都合が良いこともある。

逆子と診断された場合、どのような処置があるのでしょうか?


産科では
① 胸膝位(逆子体操)
② 側臥位法
が処方されます。

① 胸膝位(逆子体操)はどういった意図をねらった体操なのでしょうか?
ほとんどの人がわからずこの体操を熱心におこなっているようです。
この体操の目的は骨盤にはまった赤ちゃんのおしりを浮かせて回転しやすくしようという体操です。
そもそも赤ちゃんのおしりが骨盤にはまっていない場合はあまり意味の無い体操ともいえます。

では②側臥位法はどういった意図をねらったものなのでしょうか?
これは赤ちゃんの背中側を上にして寝ることで、前転を促すことを目的にしたものです。
羊水の中の浮いている赤ちゃんは前転しかしないのでしょうか?
後転する場合はないのでしょうか?というような疑問点もあります。

さてこの時注意しないといけないのが、一生懸命にやり過ぎるということです。
『体操をがんばって腰やお腹が張って痛いんです。』
『同じ方向ばかり向いて寝ているので肩や腰が痛いんです』
というかたがちらほらおいでます。

これらは上述したようにそれほど有効性の高いものではありませんが、方法が限られているので、このような指導がされているということを押さえておきましょう。

お母さんがつらく感じるまではする必要はありません。

お母さんがつらい時は赤ちゃんもつらいのです。
両方法ともつらく感じない程度におこなうのが一番良いようです。

その他にはなにがあるのでしょうか?

ここに鍼灸治療が入ってきます。

研究では、ツボの刺激で子宮動脈の血流が改善し、子宮の血流が豊富になることが明らかになっています。

子宮の緊張を取り、回りやすい環境を整え維持し、赤ちゃんが回りたいときにいつでもスムーズに回れるような状態を維持しておくということが鍼灸治療の目的になります。
したがって強制的に回すという治療法では有りませんので、言い換えると非常に安全な治療法とも言えます。

多くの場合、28週の段階で初めて逆子と診断されます。
28週:まだ週数が若いので、心配ないですよ
30週:それではこちら側を下にして寝てみてください(側臥位法)
32週:それでは張り止めと逆子体操(胸膝位)をしてみてください
34週:あと数週間で改善しなければ帝王切開になります。

このような流れになります。


そこでびっくりしてネットを検索し、逆子の鍼灸院を探します。

このため35週前後から鍼灸治療を開始することになります。


可能であれば32週前後で鍼灸治療を開始するのが良いでしょう。なぜなら週数が若いと回るスペースも十分ありますし、特に原因がない逆子の場合でもこの週数で開始することで頭位に改善するかもしれませんから。

安産のお灸

鍼灸でお産時の痛みが軽くなるってご存知ですか?

お産の時間が短くなることをご存知ですか?

今回はそんなお話をしていきます。お産を迎える人やその家族は誰しも安産を願っています。

でも、そもそも安産ってなんでしょうか?医学的定義はありません。

やはり母子ともに健康であれば、結果として安産と言えるでしょう。

それは当然!でもやっぱり痛みが軽く、短時間で赤ちゃんとご対面できるのをだれでも望むことだと思います。

またお産の痛みは癌の痛みよりも強烈とか男なら気絶するぐらいの痛みとか良く言われます。

分娩に臨む母子ともにできれば楽に生まれるほうが良いと思うのも当然です。

それを鍼灸でお手伝いしましょう!ってことです。じゃあ、本当に鍼灸治療が安産につながるの?その根拠は?それを説明するためにはまず分娩について簡単に整理する必要があります。

まず、分娩は第1期~第3期に分けられます。

分娩第1期は分娩開始から子宮口(子宮頸)が全開大するまでの期間をいいます。陣痛が順調に強くなっている場合、子宮頚管の開大速度は4センチまではじわじわとゆっくり開きますが、4センチを超えたあたりから、急速に開大してゆきます。全開大(10センチ近くひらく)ころには子宮頚部は紙切れくらいの薄さにまで引き延ばされています。ここまでが分娩第1期になります。ここまでの所要時間が初産婦さんで10~12時間、経産婦さんで5~6時間といわれています。分娩所要時間の大半がこの分娩第1期であり、遷延分娩の原因の多くは分娩第1期の延長にあります。理由として最も多いものが微弱陣痛です。また陣痛の痛みは子宮が収縮する痛みで、子宮全体や腰のあたりの痛みになります。分娩の際の痛みは陣痛だけではなく、非常に硬い子宮頚管が開大して行く際の子宮頚管の痛みでもあります。

分娩第2期は子宮頸管開大から胎児が下降して娩出を完了する期間をいいます。分娩第2期の所要時間は初産婦さんで1~2時間、経産婦さんで30分~1時間くらいです。この段階でスムースにいかない原因の一つに胎児の回旋異常があります。複雑な形をした骨盤骨の中心の穴を通過してくるために、胎児は4回の回旋を行う必要があります。この回旋が異常だと分娩の進行が阻害されます。無事に会陰部まで児頭が下降してくると、必要に応じて会陰切開などが追加され、出生となります。臍帯を切断しお母さんとご対面となります。ここまでが第2期となります。

分娩第3期胎児娩出から胎盤の剥離・娩出時に起こる子宮収縮をいいます。平均10分~15分です。 つまり分娩所要時間のほとんどが分娩第1期であり、痛みの原因は陣痛の痛み、つまり子宮が収縮する痛みであり、また引き延ばされる際の痛みであることが分かりました。したがって安産に導く一つの大きな要素は分娩第1期にあることが分かります。この第1期を短くできれば!子宮収縮の痛みが緩和されれば!ということになります。


では文献ではどのようになっているのでしょうか?NICE(英国国立医療技術評価機構)(National Institute for Health and Clinical Excellence, NICEのこと)の陣痛誘発ガイドラインを見てみると・・・ CQ14 指圧・鍼は分娩促進効果があるか? 【推奨】 SP6(三陰交)、LI4(合谷)、BL67(至陰)への指圧・鍼療法は分娩促進効果を期待でき、分娩促進を図る方法の選択肢の一つとして考えられる。

【解説】 NICEでの分娩促進効果について検討されている2文献。NICE以外の文献では、The Cochrane Libraryでの検索で見つかったChungら(2003)の文献を検討。【結果】いずれの論文も鍼や指圧などの刺激を加えた妊婦グループは対照グループに比して出産中の痛みが軽減され、分娩時間も短縮された結果になった。また分娩第1期は短縮されたが分娩第2期~3期は変化なしとの結果でした。痛みについてはVASという痛みの尺度と鎮痛剤の使用頻度などを分娩所要時間はその差とオキシトシンの使用有無を検討しています。いずれも鍼灸グループは効果的だという結果になっています。つまり鍼灸治療は分娩第1期の時間短縮になり、結果として総所要時間の短縮につながり、それに伴う痛みも軽減されるということになります。 鍼灸治療はあくまで自然療法ですので強制的に反応を出させるようなものとは違います。したがって自然分娩を後押しする役目にすぎませんが有害事象もほとんどなく効果的であることが示唆されていますので、どんどん活用していただければと考えます。

当院の安産鍼灸・安産灸の流れ

出産予定日の2週間前に一度治療します。同時に印をつけて自宅でのセルフ灸のやり方などを説明させていただきます。

産科での出産予定日での検診の結果、子宮口の開大がみられていれば、そのまま自宅でのセルフ灸を継続してもらいます。

一方、全く子宮口が開いていなければもう一度治療させていただく場合もあります。

いずれにしても、基本は自宅でのセルフ灸となりますので、お気軽にご相談ください。