舌でわかる不妊の原因

舌の周辺部にギザギザした歯の跡

石川県能美市で開業しているとよしま鍼灸院です。
当院は不妊でお悩みの方、妊活中の方に鍼灸施術をおこなって15年になります。
タイミング・AIH・体外受精などのそれぞれの段階に対してさまざまな鍼灸施術をおこなっています。

今回は妊活さんと舌の関係について紹介します。

鍼灸療法では患者さんの状態や体質などを把握するときの一つに舌を見ることがあります。
これを「舌診」といいます。
今回はこの舌診と妊活さんのことについて紹介していきます。

特に原因不明でなかなか授からない妊活さんや2人目、3人目不妊などでお悩みの方は参考になると思います。

まずはご自身の舌を鏡でチェックしてみてください。


このような舌になっていませんか?

舌の周囲に歯の跡(ギザギザ)がついているのがわかります。

これは東洋医学では「気虚」という状態と捉えます。

わかりやすくいうと、エネルギー不足の状態です。

体がだるい
気力がない
疲れやすい
風邪をひきやすい
などの症状が出やすい状態です。

これは体質的なものもありますが、長引く妊活治療により心身ともに疲弊している方にもみられます。
このような場合、卵の育つスピードが遅くなったり、性周期が長くなったり、生理の量が減ったりすることになります。
また1人目は自然妊娠、体外受精の場合でもスムーズに授かったにも関わらず2人目がなかなかうまくいかないなどといういわゆる2人目不妊で悩むことにもなります。

このような方は鍼灸療法ではまずエネルギー不足の状態を改善させるような施術がファーストチョイスとする方が成績が良いようです。

その後や併用して自律神経の調整、ホルモンバランスの改善、卵巣や子宮の血流改善目的に鍼灸を行うことがより妊娠に導く近道のように考えています。

当院でおこなっている妊活鍼灸においてはこのように現代生理学的鍼灸療法と東洋医学的鍼灸療法を併用することで他院とは違う、もう一段妊娠導きやすい手法を取り入れて施術しています.

つわりの鍼灸

つわりは妊娠中に起こる主に悪心嘔吐などのことをいい、とくに早朝空腹時が多いとされていますが、個人によってさまざまです。

つわりは妊婦の50~80%に起こりますが、50%は14週まで、90%は22週までに消失し、10%は22週以降も続いてしまうとされています。

さてそもそもなぜつわりになるのでしょうか?

免疫説、ホルモン説など諸説ありますが、現在では食欲を低下させることで血中インシュリンの濃度を低下させていること、食物内の毒素が体内に入るのを防いでいることなどにより胎盤形成がスムーズになっているのではないかという説が有力になっています。

研究によるとつわりが流産の確率を現象させているということが明らかになっています。

そもそも生体の反応には必ず意味があります。

つわり症状も上記のような大切な意味がありますが、必要以上の症状は鍼灸にて軽減(生体に必要な分は残存) させることはできます。それによって日常生活をのつらさを軽減 し楽しいマタニティ生活を送るというのが鍼灸治療の意味ともいえます。

使用する主な経穴は内関、裏内庭、豊隆、足三里というツボ。

基本は胃腸症状ということで胃の運動機能に関与する経穴が主になります。

また妊娠中ということでいわゆる卵巣子宮機能関連の経穴も併用することもあります。 いずれもその部位に反応があるところが治療点となります。
ただし研究によると内関というツボは患者さん自身の指圧やバンドが効果的となっていますので、セルフケア


さて今までのつわりに対する鍼灸治療は 「つわり症状を軽減させ、自然に消失するまでの時期を乗り切る」という報告がほとんどになります。
私の希望とすれば・・・ つわりの発症早期より鍼灸治療を行うことで、 22週以降もつづくとされる10%の割合が少なくなる。 (鍼灸してると消失する時期が早くなるんじゃないか?って思ってます) もしくは重症化(妊娠悪阻)の予防になるという報告があるといいなあって思う。 産科医にとってもそちらの方が「おっ!」って興味そそるんじゃないかなあ(QOLも大切ですが)
付録としてさらさら~っとどんなツボなんか使っているかをあげときました。
参考にしてください。(一般の方はスルーで)

イメージ 1

この手首のツボを押す。 つわり症状がつらい時だけではなく、調子の良い時も押しておくのがポイント!