突発性難聴~1週間後から鍼灸を開始したケース~

突発性難聴を発症して約1週間後より鍼灸施術を開始できた症例を紹介します。

【症例】55才 女性

【主訴】突発性難聴

【初検日】X年8月16日

【現病歴】

X年8月10日 突然首や肩のこりが強くなるのに気づく。同時に左耳の詰まった感じと腫れぼったい感じを自覚

  8月11日 耳鼻科受診。突発性難聴と診断され入院し、ステロイドパルス療法含む標準治療を受ける。

16日 退院し転医。同日に鍼灸施術との併用を希望され来院された。

左:耳鼻科初診時と右:退院時の聴力

ほとんど変化がないことがわかります。

【施術および経過】

8月16日鍼灸初検

施術:左側頭部、左胸鎖乳突筋部、上背部の筋緊張部位へ置鍼、照海・腎兪へお灸(腎虚体質のため)

8月22日 耳閉感↓腫れぼったい感じ↓

8月29日 先週よりも耳閉感↓、腫れぼったい感じ↓、少し音が聞こえるような気がする

9月2日

9月2日の聴力

ほぼ発症前の聴力に回復し、耳閉感、腫れぼったい感じ、耳鳴、音響など全て消失。

治癒としました。

発症後から退院までの間で聴力が変化していない症例でしたので、どこまで聴力が戻るか不明でしたが回復しました。

9月2日の耳鼻科での診察時のこと、

検査技師『本当に患側である左側の耳に当てました?』

主治医『!???』

2人とも驚いた顔してましたよとのことでした。

みなさんこのように治癒するわけではありませんが、聴力が回復する可能性のある期間ゴールデンタイムは限られていますので、その期間を逃さないようにしましょう。

耳鳴のメカニズムと鍼灸

耳鳴とは外部からの音刺激がないのに 耳に音を感じることと定義されています。

成人の15%がなんらかの耳鳴を経験し、そのうち20%が生活に支障をきたすほどの耳鳴で悩まされているとされています。人数にすると約300万人になります。

耳鳴には自覚耳鳴と他覚的耳鳴に分類されますがほとんどは自覚的耳鳴です。

他覚的耳鳴には血管音やアブミ骨筋などが原因のことが多いとされています。

そこでここでは一般的な自覚的耳鳴にしぼって紹介します。

【耳鳴の原因】

鼓膜~中耳~内耳~聴覚神経~大脳聴覚野のどの部分にトラブルが起きてもおこりますが中耳炎や鼓膜のトラブルなど原因が明確な場合を除くと、耳鳴の原因は以下の図のようなメカニズムで発症するといわれています。

高音部(黄色)のメモリが低下しています。これは高音部の聴力が低下していることを表した写真です。

これまで聞こえていた聴力が低下したので、大脳の聴覚野が感度を上げようとして興奮した結果、通常では拾うことのなかった電気信号まで拾うようになり、それが耳鳴音として聞こえてしまうというのがメカニズムです。

したがって耳鳴は耳が鳴っているのではなく、脳が鳴っていると理解しましょう。

さて、耳鳴で悩んでいる人以外耳鳴は感じないのでしょうか?

実は耳鳴は静かな無音の環境下ではほとんどの人が耳鳴を感じています。

問題はそれが常に意識してしまうのか?それが不快に感じてしまうか?なのです。

耳鳴で苦しんでいる人は

  • 大脳辺縁系の海馬で不快な経験として記憶される
  • ⇒扁桃体では不快感や恐怖として認識
  • ⇒扁桃体は視床下部を通じて自律神経に「退避行動」を取るように命令
  • ⇒退避行動は、心拍数の増加、血圧の上昇など、危険に対して身構えているようなもの
  • ⇒緊張を強いられた状態
  • ⇒自律神経の緊張状態は、大脳皮質を刺激
  • ⇒大脳辺縁系へ不快なストレスを伴った信号が巡り巡っていくという悪循環を来たす。

このように耳が問題なのではなく、脳が複雑に関与しているのが耳鳴なのです。

まずは専門医で以下のような疾患がないか診察を受けてください。

  • メニエール病
    ・突発性難聴
    ・老人性難聴
    ・ラムゼイ・ハント病
    ・薬剤性内耳障害
    ・自律神経失調症
    ・外耳道炎
    ・耳硬化症、中耳炎、鼓膜炎
    ・耳管機能不全、耳管炎
    ・聴神経腫瘍、聴神経炎
    ・脳の外傷、脳腫瘍、脳出血、脳幹梗塞

上記の疾患がない場合、西洋医学的治療は限られていますので、鍼灸治療が有効かもしれません。

鍼灸治療では下記のような効果が期待できます。

内耳の血液循環改善

聴神経の血流改善

大脳辺縁系や大脳皮質の異常興奮の鎮静化

自律神経の調整

などを目的に行います。

また耳鳴の発症原因が、

突発性難聴やメニエール病の蝸牛型などによる聴力の低下なのか?

うつ・自律神経の異常によるものなのか?

高齢による聴力低下なのか?

風邪や中耳炎による一過性のものなのか?

などを鑑別し、それぞれに対応していきます。

耳鼻科での治療については限られており、『気のせいなので慣れるしかない』と放置されてしまうことが多いようです。

上記のような作用機序で鍼灸療法は耳鳴に対しては有効な手段となります。

突発性難聴の発症約2ヶ月後より施術を開始したケース

【要旨】

    突発性難聴発症

    約1ヶ月半後に耳鼻科受診→標準治療開始

    ※ゴールデンタイムを逃す

    聴力変化なし

    約2ヶ月後より鍼灸施術開始

    ※聴力固定の可能性大

    ただし低音領域のみであるため改善の可能性も僅かにあり

    鍼灸施術後に聴力および付随する症状も改善傾向

【症例】

56才 女性

【主訴】突発性難聴

【初検】8月8日

【現病歴】

6月上旬に左耳の聞こえずらさを自覚。耳閉感・耳鳴り・音響

7月22日 耳鼻科受診

低音部の聴力低下が認められます。

ステロイド1週間、その後ビタミン剤という標準治療→経過観察

聴力の改善が見られないため8月8日鍼灸施術を希望され来院。

1回/週の頻度で鍼灸施術を開始。

8月18日

鍼灸施術は2回済み

あまり変化はないようですね。

この受診時の主治医コメント

『おそらくこれ以上は良くならないと思います』とのこと。

鍼灸開始して間がないこともあり、もう3週間ビタミン剤の処方と鍼灸施術を併用してみることに。

当院の方針も3週間後に聴力の変化を認めないようなら聴力固定とし、付随する症状(耳閉塞感・耳鳴等)への施術に変更することとしました。

9月8日

耳鼻科医コメント

『聴力が改善傾向にあるので、もう3週間処方を継続』とのこと。

250Hzと500Hzで約15d B改善しています。

僅か15dBのようにも思えますが、60dB代と40dB代とでは聞きずらさはかなり違ってきます。

これからどこまで改善するかはまだわかりませんが、聴力が動いている間は鍼灸施術を継続すると良いでしょう。

ゴールデンタイムを逃した症例だったが鍼灸施術を開始してから改善

  1. 聴力低下が高音部に比較して血流の豊富な低音部領域だったこと
  2. 当院の鍼灸施術が的確であったこと
  3. 瘀血の証であったことで血流改善による聴力回復が可能であったこと
  4. スーパーライザーによる星状神経節照射を的確に行ったこと

などが要因と考えます。

全ての人が治癒、改善するということは残念ながらありません。

しかし鍼灸施術によりその可能性が高まれば・・・

今より少しでも聴力が改善すれば・・・

聴力が固定してしまう前に一度鍼灸療法を試してみたらいかがでしょうか?

メニエール病

メニエール病


メニエール病は回転性めまいに難聴と耳鳴が伴っておこるものをいいます。(定型)
ただし回転性めまいのみ、耳鳴・難聴のみの場合もあり、非定型例といいます。
回転性のめまい発作は通常1時間から6時間程度(人により数時間から半日程度の場合もあります)で治まってきます。
内リンパ水腫が原因とされていますが、なぜ水腫になるのかは現在の所不明です。
急性期にはステロイドや利尿剤、吐き気やめまいを押さえる薬が処方されます。

この疾患の場合はある日突然、回転性めまいが出現するため、仕事はもちろん、外出先や旅行先などでの発作への恐怖、不安感が常につきまといます。また無症状の時に予防的に薬を服用するのにも抵抗があり、発作を繰り返すようになります。

通常発作を繰り返すとどうなる?
初期には低音のみの聴力低下⇒進行すると全周波数の聴力低下や健側聴力も低下し、難聴、耳鳴り、補充現象などの症状が固定し不可逆性になります。したがって早期の診断・治療を始めることによって進行をくい止め、または治癒させることが重要になります。

したがってメニエール病に対しては、めまい発作をおこさないような予防的治療がすなわち、患者さんの日常生活の質を上げ、また聴力の低下消失を防ぐことになります。

治療法
急性期:基本的には対象療法となります。
7%重曹水点滴静注(~250ml)
鎮吐薬・抗不安・催眠薬・抗めまい薬・血管拡張薬・ビタミンB
ステロイドなどで治療対処することが多い。


慢性期:
生活指導・心理的アプローチと薬物療法などを組み合わせることでおおむね70%は発作予防に有効であると報告されています。
しかしストレス源を排除することや、心拍数100-120/分の運動を1時間以上週3回以上おこなうことが困難な方も多いのではないでしょうか?
そこで鍼灸治療が重要な役割をします。

セルフチェック

首・肩がこる。特に起床時しばらくは特にその傾向にある。

エラがはっているように見える

口が開けにくい

舌の周辺がガタガタになっている

以上のような所見があれば特に当院の鍼灸治療が有効です。

難聴や耳鳴、めまい感などは1回/週程度の頻度で通院が必要です。
それらが消失すれば1回から2回/月程度の頻度で経過を観察し、徐々に通院感覚を開けていきます。


鍼灸治療はメニエール病にとても有効な治療法の一つです。

当院の症例


症例:42才女性 専業主婦 やや細身
主訴:発症すると6~8時間持続する耳閉感・耳鳴り・嘔気をともなう回転性めまい
現病歴:
X-9年・・・症状出現(1~2回/年)
       各科検査も器質的異常を認めず
       メニエール病(耳鼻科)  
X-3年・・・発作回数増える(2~3回/年)
X-1年・・・7月2回、10月~12月にかけて毎月発作出現
       脳外科異常なし
       耳鼻科再受診、メニエール病と診断             
X年・・・   5月に2回めまい発作
       鍼灸院・整体院に通院も変化なし
       耳鼻科系の鍼灸を希望し来院
治療:当院独自の耳鼻科系疾患のポイントに施術

低音型難聴の鍼灸治療

急性低音障害型感音性難聴(低音型難聴)は低音領域の聴力が低下する病気です。

耳鼻科では上記と診断されている場合がありますが、現在ではメニエール病の蝸牛型とするようになっています。

このメニエール病とは回転性めまい発作+耳症状(難聴・耳閉塞感・耳鳴等)が重なりそれが反復するもの。
めまいだけの場合や耳症状のだけ場合も当てはまることもあります。(非定型例といいます)

どのような経過をたどるのか?

この病気は
⇒初期は低音部の聴力低下(めまいは数時間から十数時間で改善)
⇒聴力は比較的すぐ改善する
⇒しばらくして再び発作
⇒低音部の聴力低下(めまいは数時間から十数時間で改善)
⇒これを繰り返すと聴力が改善しにくくなる
⇒悪い耳だけでなく良いほうの聴力も低下して元に戻らなくなる(最終形)
このころにはめまいは起こらなくなる。

このようにこの病気が怖いのは、めまいではなく、聴力低下が固定してしまうように進行する病気ということ。

これを防ぐには早期の診断と治療が必要と言われていますが、
いったんめまい発作が起きると病院でおこなう治療はどこでもほとんど同じで対症療法にすぎません。

したがって根本的治療は非発作時にあるといえます。

いかに発作を起こさないようにするか!
実はこれがポイントなのです。

まずはセルフチェック

首・肩がこる。特に起床時しばらくは特にその傾向にある。

エラがはっているように見える

口が開けにくい

舌の周辺がガタガタになっている

以上のような所見がれば特に当院の鍼灸治療が有効です。

難聴や耳鳴、めまい感などが1回/週程度の頻度で通院が必要です。
それらが消失すれば1回から2回/月程度の頻度で経過を観察し、徐々に通院感覚を開けていきます。

鍼灸治療以外でご自分でできること


基本的にはストレス源の排除と有酸素運動になります。以下の論文を掲載しておきます。
~論文紹介~
生活指導と有酸素運動によるメニエール病の治療

対象は231名(めまいの予後判定は内130名)
①めまいの経過②聴力の経過を観察
観察期間1カ月~1年以上
治療としておこなったこと
生活指導の改善と有酸素運動、そして投薬治療の中止。

【結果】
①めまい・・・約8割が良好(消失・ほとんどない)
②聴力・・・初診時低音障害の改善47.7%、高音33.3%、全音域26.6%
有酸素運動が内耳循環を改善させリンパ水腫を軽減させた可能性を示唆

生活改善に関してかなりきつい内容。
元々メニエール病とストレスは大きく関係しています。
そもそもストレスが関与する病気はストレス源を排除するのが一番の治療。
この研究では男性は職場関連・女性は家族・家庭関連のストレスが多かったとのこと。
しかしこの種のストレス源排除って現実的には結構難しいことが多い。
じゃあ仕事変わればいいの?
じゃあ家庭環境変えればいいの?(離婚?別居?引っ越し?)

そんな簡単にできませんよね~、だから悩むのです。

また運動に関しては
心拍数100-120/分の運動を1時間以上週3回以上おこなっております。
この運動自体も結構な運動量ですが、その時間を作ること自体が生活改善になっているようにも思います。
これらのことで、内耳血流、脳報酬系が改善し、メニエールが改善する可能性が論じられていますがこの論文のように生活改善や運動が可能な人は鍼灸する必要はないと思います。
しかしそれが難しい方は鍼灸治療を試してみましょう。