突発性難聴~1週間後から鍼灸を開始したケース~

突発性難聴を発症して約1週間後より鍼灸施術を開始できた症例を紹介します。

【症例】55才 女性

【主訴】突発性難聴

【初検日】X年8月16日

【現病歴】

X年8月10日 突然首や肩のこりが強くなるのに気づく。同時に左耳の詰まった感じと腫れぼったい感じを自覚

  8月11日 耳鼻科受診。突発性難聴と診断され入院し、ステロイドパルス療法含む標準治療を受ける。

16日 退院し転医。同日に鍼灸施術との併用を希望され来院された。

左:耳鼻科初診時と右:退院時の聴力

ほとんど変化がないことがわかります。

【施術および経過】

8月16日鍼灸初検

施術:左側頭部、左胸鎖乳突筋部、上背部の筋緊張部位へ置鍼、照海・腎兪へお灸(腎虚体質のため)

8月22日 耳閉感↓腫れぼったい感じ↓

8月29日 先週よりも耳閉感↓、腫れぼったい感じ↓、少し音が聞こえるような気がする

9月2日

9月2日の聴力

ほぼ発症前の聴力に回復し、耳閉感、腫れぼったい感じ、耳鳴、音響など全て消失。

治癒としました。

発症後から退院までの間で聴力が変化していない症例でしたので、どこまで聴力が戻るか不明でしたが回復しました。

9月2日の耳鼻科での診察時のこと、

検査技師『本当に患側である左側の耳に当てました?』

主治医『!???』

2人とも驚いた顔してましたよとのことでした。

みなさんこのように治癒するわけではありませんが、聴力が回復する可能性のある期間ゴールデンタイムは限られていますので、その期間を逃さないようにしましょう。

とよしま鍼灸院 料金

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *