鍼灸で産後のケア

心身の疲労が抜けない、うつ症状、食欲がない、睡眠不良、抜け毛、母乳が出ない、生理が来ない、2人目不妊、腰痛、肩こり、腱鞘炎、頭痛など産後に多い症状に対して鍼灸でケアを行います。

産後は出産時の影響でさまざまな影響が出ます。これは女性が妊娠中から出産後までドラスティックに体の環境が変化することに起因します。また近年、高齢の出産が増加傾向にあることからこの変化に対応できない、あるいは対応するまでに時間がかかる(産後の回復の遅れ)などから日常生活もままならないぐらいにつらくなる方も多いです。

また授乳中の場合はお母さんが摂取した栄養で母乳を作り分け与えることになりますので、より一層体調の回復は遅れることになります。またこの時期は投薬治療も限られますので、ただひたすら「体が楽になる日をじっと待つ」という方も少なくありません。

これらを総称して産後のマイナートラブルといいます。

マイナートラブル全般に対して

東洋医学では産後の状態を気虚・血虚・陰虚などが多くみられるとされています。心身の疲労、抜け毛、食欲不振、などもこれらが原因でいずれも妊娠、出産により母体のエネルギーが枯渇した状態が原因です。

そこで鍼灸療法ではそれらを補うようなツボに施術しエネルギーを補填することで体力の回復を図ります。

その他よくある症状について

産後の腰痛

原因

出産時の子宮骨盤の戻りが悪いこと

骨盤底筋や腹筋などの筋力が低下していることを背景とした、繰り返し行う赤ちゃんのベッド移乗などによる腰部への負担などが挙げられます。中には代償作用による大腰筋や臀筋群が痛みを出していることもあります。

鍼灸ケア

負担になっている腰部への施術+体力回復のための施術を組み合わせることで症状の改善を目指します。

よくある質問

Q、産後の骨盤矯正は必要ですか?

A、妊娠中から産後にかけて腰痛が発症した時、骨盤の異常として考えられることが多い。

骨盤の緩み、歪みなどと表現され産後の骨盤矯正が必須かのような宣伝文句も拝見されます。

本当に産後の腰痛は骨盤が原因なのでしょうか?

下記の報告を参考にしながら考えてみます。

産褥期の腰痛に関する研究:中澤貴代

この研究は質問紙法で有効回答数253/598で検討。

ちなみに産褥期とは出産後、妊娠前の体に戻るまでの期間をいいます。

一般的には6週から8週と言われています。

さて腰痛はいつから発症する人が多いのでしょうか?

下記はそれを表しています。

妊娠前から腰痛があった人が最も多く、妊娠を契機に腰痛を発症した人もついで多くあわせて41.9%になっています。

これらの人は産褥期においても腰痛が持続する傾向にあることがわかります。

次に下記のグラフを見てみましょう。

私が注目したのは恥骨結合部と鼠蹊部の痛みを訴えている群です。

妊娠前よりも妊娠期や分娩後1週間の方がグラフが高値になっているのがわかります。

この期間に痛かったと答えた人が多いということです。

また分娩後1ヶ月後には低値になり、痛いという人は少なくなっているということになります。

つまり恥骨結合部と鼠蹊部の痛みに関しては明らかに妊娠から出産までの間に何らかの影響で痛みが出現し、その影響は分娩後1ヶ月時には少なくなるということを表していると思われます。

これがリラキシンなどの作用により靭帯が弛緩し骨盤輪由来の痛みだと考えます。

産後にリラキシンの分泌は急速に減少し、約1ヶ月で靭帯の弛緩はもとに戻ると言われていますので、まさに一致します。

また分娩様式では腰痛の出現率に差はなかったと本文中にあることから出産時の影響はあまりないようです。

ここで仙腸関節部の痛みについて考えます。

上記のグラフでもこの部に痛みを訴える人がかなりいることがわかります。

筆者は仙腸関節部に痛みを訴える=仙腸関節由来の痛みとしていますが、ここに間違いがあります。

仙腸関節部に痛みを訴えている症例でも多裂筋や大殿筋や中殿筋、梨状筋、また脊髄神経の後枝由来の痛みのことの方が圧倒的に多いということは臨床をしているものであれば疑う余地はないでしょう。

image

したがって仙腸関節に痛みを訴える人の全てが骨盤輪由来の疼痛ではないということを頭に入れておくことが重要だと考えます。

そのほかの要因として、

産後の腰痛については骨盤底筋や腹筋の筋力低下

抱っこや授乳姿勢、ベッド移乗などに伴う腰殿部への負荷

睡眠不良による疲労

授乳による体力低下

などの複数の要因が重なって産後の腰痛として発症していると言われています。まとめると
産後の腰痛について、妊娠前や妊娠を契機に腰痛を発症する人が多く、そのような場合は産褥期まで継続する。
恥骨結合部と鼠蹊部の痛みは骨盤輪由来の疼痛の可能性が高いが産後1ヶ月程度で改善傾向を示す。
仙腸関節の痛みを訴える人も多いが、全てが仙腸関節(骨盤輪)由来ではない可能性が高い。
産後の腰痛を訴える場合は、育児期特有の背景もあるため総合的視点で考えなければいけないですね。
最後にこの研究ではそれぞれどのように対処しているかについて腹帯(42.2%)、腰痛体操(26.2%)、骨盤ベルト(6.7%)医療機関(3.1%)などであったとし、希望する対処法としてはマッサージ(51.0%)が1位だったことも紹介しています。

あん摩マッサージ指圧師の先生にとってはチャンスかもしれません。鍼灸師にとってはセルフ灸などで対処できることが浸透していないようです。引き続きの活動が必要かもしれませんね。

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

頭痛

授乳姿勢や抱っこ姿勢などにより首や肩の筋肉の緊張が原因で頭痛を起こすことがあります。

つわりの鍼灸

つわりは妊娠中に起こる主に悪心嘔吐などのことをいい、とくに早朝空腹時が多いとされていますが、個人によってさまざまです。

つわりは妊婦の50~80%に起こりますが、50%は14週まで、90%は22週までに消失し、10%は22週以降も続いてしまうとされています。

さてそもそもなぜつわりになるのでしょうか?

免疫説、ホルモン説など諸説ありますが、現在では食欲を低下させることで血中インシュリンの濃度を低下させていること、食物内の毒素が体内に入るのを防いでいることなどにより胎盤形成がスムーズになっているのではないかという説が有力になっています。

研究によるとつわりが流産の確率を現象させているということが明らかになっています。

そもそも生体の反応には必ず意味があります。

つわり症状も上記のような大切な意味がありますが、必要以上の症状は鍼灸にて軽減(生体に必要な分は残存) させることはできます。それによって日常生活をのつらさを軽減 し楽しいマタニティ生活を送るというのが鍼灸治療の意味ともいえます。

使用する主な経穴は内関、裏内庭、豊隆、足三里というツボ。

基本は胃腸症状ということで胃の運動機能に関与する経穴が主になります。

また妊娠中ということでいわゆる卵巣子宮機能関連の経穴も併用することもあります。 いずれもその部位に反応があるところが治療点となります。
ただし研究によると内関というツボは患者さん自身の指圧やバンドが効果的となっていますので、セルフケア


さて今までのつわりに対する鍼灸治療は 「つわり症状を軽減させ、自然に消失するまでの時期を乗り切る」という報告がほとんどになります。
私の希望とすれば・・・ つわりの発症早期より鍼灸治療を行うことで、 22週以降もつづくとされる10%の割合が少なくなる。 (鍼灸してると消失する時期が早くなるんじゃないか?って思ってます) もしくは重症化(妊娠悪阻)の予防になるという報告があるといいなあって思う。 産科医にとってもそちらの方が「おっ!」って興味そそるんじゃないかなあ(QOLも大切ですが)
付録としてさらさら~っとどんなツボなんか使っているかをあげときました。
参考にしてください。(一般の方はスルーで)

イメージ 1

この手首のツボを押す。 つわり症状がつらい時だけではなく、調子の良い時も押しておくのがポイント!

母乳が出るようになるツボ

出産後に母乳の出が悪いことを専門的な用語で乳汁分泌不全といいます。

原因は大きく分けて
①中枢性・・・下垂体の機能の異常により低下しプロラクチン低値によるのが原因
※母乳を作る元のホルモンの出が悪い場合
②末梢性・・・乳腺組織の発育不全、陥没乳頭、扁平乳頭により排出が障害されたもの
※乳首やその中の組織になんらかの問題がある場合
③児性・・・・子供の吸引力の低下、口腔の異常による哺乳障害
※母乳を吸う子供の問題
④社会性・・・仕事の都合などで母乳保育への意欲がないなどの社会的要因
※仕事で授乳できない、胸の形が崩れるので授乳したくないなどの理由 先天的な問題がなく、社会的条件をクリアできる場合は治療対象となるといえます。

治療方法

治療方法は大きく分けて2つ。
①乳房マッサージや他の物理療法
②薬物療法

この①の他の物理療法の中に鍼灸治療が入ります。

明治鍼灸大学(現、明治国際医療大学)の矢野、笹岡らのまとめによると 立浪たか子らの研究では99例を対象にした研究があり、
乳房マッサージ群(50例)と乳房マッサージにツボ刺激を加えた群(49例)との比較研究です。退院後及び出産後1ケ月の乳汁分泌について検討した論文です。
結果、ツボ刺激を加えた群で1回哺乳量60ml以上(充足)に達した症例は有意に多かったと報告されています。
ツボ刺激は円皮鍼で4日~7日貼付
A-中府・三陰交・足三里
B-中府・膻中・少沢
C-中府・膻中・足三里
もっとも効果的だったものはBであった。 その他、和田らの研究や藤木らの研究で用いられた経穴は 膻中・天宗・肩井・内関・合谷・乳根etcです。

あくまでも助産師さんの乳房マッサージなどと併用することが重要です。
またツボ刺激は円皮鍼(ピップエレキバンのようなもの)で非常に軽い刺激ですのでせんねん灸やご主人のマッサージ、ツボ押し棒などでも十分効果が期待できます。

当院ではツボへの鍼灸治療のみを行い、セルフケアの指導をさせていただきます。

妊娠中の逆流性食道炎

妊娠中の逆流性食道炎で困っている方へ。

つわりが長く続いていると思っていたら実は逆流性食道炎だったという場合もあります。

かくれ逆流性食道炎とも言います。

逆流性食道炎は妊婦さんに限らず、年々増加傾向にあるようで、食事の欧米化や肥満、ピロリ菌感染者の減少などが原因とされています。

妊婦さんの場合、産科さんでのお薬方、日常生活の指導で症状が改善されるのであればそれに越したことはありません。

それでもなかなか改善しない場合が多いのも逆流性食道炎の特徴の一つかもしれません。

妊娠中は胎児が胃を圧迫するため胃酸が逆流しやすいためです。

またホルモンの影響で消化器系の働きが低下することも理由の一つです。

なぜ逆流性食道炎はすっきりしないのでしょうか


逆流性食道炎の人は背中のコリが隠れているから治らないんです。

これをほぐしてあげると症状も治まっていきます。

この鍼灸治療や手技療法で良くなるもことが多いというのはあまり知られていません。

背中のコリってどの辺り?

ちょうど肩甲骨の間で背骨のすぐ横の筋肉なのですが、この部位のこり感は自覚症状があまりないか、胸焼けなどの症状で隠れていることがほとんどです。

またこのコリは深いところにあるので、一般の方が押さえてみてもほとんどコリを探すことは出来ません。

また首や顎のコリをほぐさないと行けない場合もあります。

こちらもこっている自覚症状がほとんど有りませんので、ご自身で気づかない場合が多いようです。

そこで当院では妊婦さんの逆流性食道炎に対しては鍼治療や手技療法、スーパーライザーなどを用いてコリをほぐしていきます。

子宮には影響のない部位および刺激量ですので、赤ちゃんには全く影響しません。

お気軽にご相談ください。

自宅でやってみるお灸のツボ

市販のお灸を使います
内関


足三里
足三里のツボの取り方
裏内庭

こんなツボも効果的ですよ。

逆子と診断された時

当院は2002年より逆子外来を開設し、おそらく県内で最も多くの症例数を扱った鍼灸院であると自負があります。

そこでこれまでの振り返りのつもりで、そしてこんなことで悩んでいた人も多いですよって裏話も織り交ぜながら、逆子について書いてみようと思います。

さて逆子は『骨盤位』といいます。横向きは『横位』とも呼ばれますがどちらも逆子と同意義として扱われます。

さてなぜ逆子になるのか?の前に、これをまず押さえておきます。

『お母さんのせいではない!』ということ。

これまで『アイスクリームをたくさん食べ過ぎて冷やしたせいでしょか?』とか、『夏場クーラーで冷やしたせいでしょうか?』などのご質問をたくさんいただきました。


ネットなどでは冷えと逆子と関係あるかの如くの記載があるので、特にそう感じているのかもしれません。
振り返るとアイスクリームを食べていた人は7~8割ぐらいいらっしゃいました。
妊婦さんは暑がりということもありますし、石川県は全国一位のアイスクリーム消費県であるということも影響しているかもしれません。

しかし逆子の原因を冷えとするならば、自然分娩で出産された妊婦さんの冷えと逆子の妊婦さんとの冷えと比較検討しなくてはいけません。

したがって逆子の原因はお母さんの日常生活特に冷えと全く関係がないと言えます。

ではなぜ逆子になるのでしょうか?

これは原因のある場合と、ない場合にわけられます。

もっとも多いのは『臍の緒』が赤ちゃんの体に巻き付いている場合です。
これはエコーなど検診の際にわかる場合もあれば、帝王切開時になって初めてわかる場合もあります。
その他、胎盤の位置の関係、臍の緒が短い、羊水が少ない・多い、子宮の形態異常などがあり、この場合は頭が下になるのは難しいことが想定されます。
また原因のない場合でも、頑として逆子のままということもあります。


これはこの位置が赤ちゃんにとって都合の良い位置であると考えましょう。

こんな例がありました。

当院の逆子の鍼灸をしても改善されず、産科さんで外回転術によりようやく頭が下になった例です。いざ出産の際、赤ちゃんがうまく回旋できずに、緊急帝王切開術になってしまいました。

またこんな例もあります。

外回転術でなんとか頭が下になりいざ分娩の際、赤ちゃんの足に臍の緒が巻いていて、緊急帝王切開になってしまった例です。

お二人ともこんなことなら最初から帝王切開でいけば良かったとおっしゃられていました。

頭が下じゃないと都合が悪いのはすべて周囲の大人の事情で赤ちゃん本人は逆子じゃないと都合が悪いのです。
このように考えてましょう。


ここまでのまとめ

逆子はお母さんのせいではない。
逆子の原は、ある場合(わかる)とない(わからない)場合がある。
頭が下じゃないといけないのは周囲の大人の事情。
赤ちゃんにとって逆子がかえって都合が良いこともある。

逆子と診断された場合、どのような処置があるのでしょうか?


産科では
① 胸膝位(逆子体操)
② 側臥位法
が処方されます。

① 胸膝位(逆子体操)はどういった意図をねらった体操なのでしょうか?
ほとんどの人がわからずこの体操を熱心におこなっているようです。
この体操の目的は骨盤にはまった赤ちゃんのおしりを浮かせて回転しやすくしようという体操です。
そもそも赤ちゃんのおしりが骨盤にはまっていない場合はあまり意味の無い体操ともいえます。

では②側臥位法はどういった意図をねらったものなのでしょうか?
これは赤ちゃんの背中側を上にして寝ることで、前転を促すことを目的にしたものです。
羊水の中の浮いている赤ちゃんは前転しかしないのでしょうか?
後転する場合はないのでしょうか?というような疑問点もあります。

さてこの時注意しないといけないのが、一生懸命にやり過ぎるということです。
『体操をがんばって腰やお腹が張って痛いんです。』
『同じ方向ばかり向いて寝ているので肩や腰が痛いんです』
というかたがちらほらおいでます。

これらは上述したようにそれほど有効性の高いものではありませんが、方法が限られているので、このような指導がされているということを押さえておきましょう。

お母さんがつらく感じるまではする必要はありません。

お母さんがつらい時は赤ちゃんもつらいのです。
両方法ともつらく感じない程度におこなうのが一番良いようです。

その他にはなにがあるのでしょうか?

ここに鍼灸治療が入ってきます。

研究では、ツボの刺激で子宮動脈の血流が改善し、子宮の血流が豊富になることが明らかになっています。

子宮の緊張を取り、回りやすい環境を整え維持し、赤ちゃんが回りたいときにいつでもスムーズに回れるような状態を維持しておくということが鍼灸治療の目的になります。
したがって強制的に回すという治療法では有りませんので、言い換えると非常に安全な治療法とも言えます。

多くの場合、28週の段階で初めて逆子と診断されます。
28週:まだ週数が若いので、心配ないですよ
30週:それではこちら側を下にして寝てみてください(側臥位法)
32週:それでは張り止めと逆子体操(胸膝位)をしてみてください
34週:あと数週間で改善しなければ帝王切開になります。

このような流れになります。


そこでびっくりしてネットを検索し、逆子の鍼灸院を探します。

このため35週前後から鍼灸治療を開始することになります。


可能であれば32週前後で鍼灸治療を開始するのが良いでしょう。なぜなら週数が若いと回るスペースも十分ありますし、特に原因がない逆子の場合でもこの週数で開始することで頭位に改善するかもしれませんから。

安産のお灸

鍼灸でお産時の痛みが軽くなるってご存知ですか?

お産の時間が短くなることをご存知ですか?

今回はそんなお話をしていきます。お産を迎える人やその家族は誰しも安産を願っています。

でも、そもそも安産ってなんでしょうか?医学的定義はありません。

やはり母子ともに健康であれば、結果として安産と言えるでしょう。

それは当然!でもやっぱり痛みが軽く、短時間で赤ちゃんとご対面できるのをだれでも望むことだと思います。

またお産の痛みは癌の痛みよりも強烈とか男なら気絶するぐらいの痛みとか良く言われます。

分娩に臨む母子ともにできれば楽に生まれるほうが良いと思うのも当然です。

それを鍼灸でお手伝いしましょう!ってことです。じゃあ、本当に鍼灸治療が安産につながるの?その根拠は?それを説明するためにはまず分娩について簡単に整理する必要があります。

まず、分娩は第1期~第3期に分けられます。

分娩第1期は分娩開始から子宮口(子宮頸)が全開大するまでの期間をいいます。陣痛が順調に強くなっている場合、子宮頚管の開大速度は4センチまではじわじわとゆっくり開きますが、4センチを超えたあたりから、急速に開大してゆきます。全開大(10センチ近くひらく)ころには子宮頚部は紙切れくらいの薄さにまで引き延ばされています。ここまでが分娩第1期になります。ここまでの所要時間が初産婦さんで10~12時間、経産婦さんで5~6時間といわれています。分娩所要時間の大半がこの分娩第1期であり、遷延分娩の原因の多くは分娩第1期の延長にあります。理由として最も多いものが微弱陣痛です。また陣痛の痛みは子宮が収縮する痛みで、子宮全体や腰のあたりの痛みになります。分娩の際の痛みは陣痛だけではなく、非常に硬い子宮頚管が開大して行く際の子宮頚管の痛みでもあります。

分娩第2期は子宮頸管開大から胎児が下降して娩出を完了する期間をいいます。分娩第2期の所要時間は初産婦さんで1~2時間、経産婦さんで30分~1時間くらいです。この段階でスムースにいかない原因の一つに胎児の回旋異常があります。複雑な形をした骨盤骨の中心の穴を通過してくるために、胎児は4回の回旋を行う必要があります。この回旋が異常だと分娩の進行が阻害されます。無事に会陰部まで児頭が下降してくると、必要に応じて会陰切開などが追加され、出生となります。臍帯を切断しお母さんとご対面となります。ここまでが第2期となります。

分娩第3期胎児娩出から胎盤の剥離・娩出時に起こる子宮収縮をいいます。平均10分~15分です。 つまり分娩所要時間のほとんどが分娩第1期であり、痛みの原因は陣痛の痛み、つまり子宮が収縮する痛みであり、また引き延ばされる際の痛みであることが分かりました。したがって安産に導く一つの大きな要素は分娩第1期にあることが分かります。この第1期を短くできれば!子宮収縮の痛みが緩和されれば!ということになります。


では文献ではどのようになっているのでしょうか?NICE(英国国立医療技術評価機構)(National Institute for Health and Clinical Excellence, NICEのこと)の陣痛誘発ガイドラインを見てみると・・・ CQ14 指圧・鍼は分娩促進効果があるか? 【推奨】 SP6(三陰交)、LI4(合谷)、BL67(至陰)への指圧・鍼療法は分娩促進効果を期待でき、分娩促進を図る方法の選択肢の一つとして考えられる。

【解説】 NICEでの分娩促進効果について検討されている2文献。NICE以外の文献では、The Cochrane Libraryでの検索で見つかったChungら(2003)の文献を検討。【結果】いずれの論文も鍼や指圧などの刺激を加えた妊婦グループは対照グループに比して出産中の痛みが軽減され、分娩時間も短縮された結果になった。また分娩第1期は短縮されたが分娩第2期~3期は変化なしとの結果でした。痛みについてはVASという痛みの尺度と鎮痛剤の使用頻度などを分娩所要時間はその差とオキシトシンの使用有無を検討しています。いずれも鍼灸グループは効果的だという結果になっています。つまり鍼灸治療は分娩第1期の時間短縮になり、結果として総所要時間の短縮につながり、それに伴う痛みも軽減されるということになります。 鍼灸治療はあくまで自然療法ですので強制的に反応を出させるようなものとは違います。したがって自然分娩を後押しする役目にすぎませんが有害事象もほとんどなく効果的であることが示唆されていますので、どんどん活用していただければと考えます。

当院の安産鍼灸・安産灸の流れ

出産予定日の2週間前に一度治療します。同時に印をつけて自宅でのセルフ灸のやり方などを説明させていただきます。

産科での出産予定日での検診の結果、子宮口の開大がみられていれば、そのまま自宅でのセルフ灸を継続してもらいます。

一方、全く子宮口が開いていなければもう一度治療させていただく場合もあります。

いずれにしても、基本は自宅でのセルフ灸となりますので、お気軽にご相談ください。