後頭下筋群

このエントリーをはてなブックマークに追加

しつこい頭痛・首こり・肩こりなどは現代病の一つとされています。これは後頭下筋群という筋肉のこりが原因かもしれません。またマッサージしても、すぐに症状が戻ってしまうという人はこの筋の緊張が緩んでいない可能性があります。

そしてこの筋肉はマッサージ・整体などでは緩まず、鍼灸治療のみが有効になるのも特徴の一つともいえます。
またこれはしつこい頭痛(片頭痛・緊張性頭痛)にもこの筋肉を緩ませておくことで、頭痛にも効果的な筋肉です。


そこでなぜこの筋肉が硬く緊張(こり)しやすいのか?
または緊張緩和(コリが取れる)しにくいのか?
などをこの筋肉の特徴などを紹介しながら説明していきたいと思います。

大後頭直筋
小後頭直筋
下頭斜筋
上頭斜筋
の4つの筋群のことを後頭下筋群といいます。



なぜこの筋肉が緊張しやすいのか?



それは現代の生活様式が肉体労働から事務作業に変化したこと、つまりパソコンやスマホのディスプレーを見ることが多くなったことが大きな要因の一つです。
1 姿勢・・・この筋肉は頸椎と頭蓋骨の後部をつなぐ筋肉ですので、パソコンやスマホを見る姿勢、つまり下を向く姿勢(頚部の前屈)の維持で常に収縮を強いられる筋肉なのです。


これはやや猫背で首を前傾させ目を使う姿勢です。いわゆるスマホ肩ともいわれています。
ちなみに肩甲骨に注目すると猫背の人はたいてい肩甲骨が外に開きます。肩甲骨よりも本質はこの後頭下筋群の問題のことが多いのです。したがって肩甲骨周囲のマッサージなどではその場は良くてもすぐに戻ってしまうのはこのことが理由なのです。


2 目を使う作業・・・この筋肉は目の動きと連動して収縮する筋肉です。後頭直筋は目を上下に動かすと収縮する筋肉です。また頭斜筋は目を左右に動かすときに収縮する筋肉です。
この部分を触りながら目を動かすとピクピクと収縮しているのがわかります。
したがって一日中目を使うような場合は常にこの筋肉が収縮を強いられることになります。

この筋群が緊張状態だと、疲れ目の原因になったり、焦点が合わなくなったりと目の症状も出やすくなります。


3 筋肉の特異性・・・自律神経の影響を受けやすい筋肉であるということ。研究によると後頭下筋群には筋紡錘という組織が特に多いといわれています。筋紡錘とは筋肉の緊張度合いを調整する役割を持ち、交感神経が分布しています。
したがってストレスなど交感神経緊張状態ではこの筋肉が緊張するということになります。
大勢の人の前で緊張して体がカチコチになったり、お葬式の後に首や肩がこるのはこの交感神経とこの筋肉がリンクしているからです。


したがってストレスの影響が大きい場合は、後頭下筋群のアプローチとともに全身的なアプローチにより自律神経の調整が必要になってきます。


4 筋肉の位置・・・この筋は後頭部で頭蓋骨と頸椎を結ぶ非常に小さな筋かつ深いところに位置する筋です。したがって一般的なマッサージなどでもなかなかダイレクトに届かない筋肉です。したがって筋肉の緊張が緩まない理由の一つです。




あきらめていた頭痛や首こり、肩こりの人は一度ぜひ後頭下筋群の鍼灸治療を試してみませんか。