妊娠と抗ストレス作用

妊活施術を行う前の初回の面接時に必ず説明することを少しずつ書いていこうと思います。

今日は

『なぜ妊活に鍼灸が良いのでしょうか?』

です。

鍼灸のメカニズムから考えるとたくさんあります。

その中でも一番は

『鍼灸には抗ストレス作用がある』ということ。

もれなく妊活さんは『妊活』を始めた瞬間からストレスとの共存生活が始まります。

これがステップアップするにつれてまた妊活期間が長くなるにつれてストレスの度合いが強くなります。

妊活にストレスはマイナスということを野生動物を例にして紹介します。※人間も動物なので基本的には同じと思ってください。

野生動物がストレスを感じる時は敵が目の前にいること、すなわち生死がかかった状態です。

この時、動物は敵から逃げるか闘うかの2択になります。

したがって血液の流れを含む生体の機能は骨格筋が優先され内臓への働きは抑制されます。

逃げるためには早い足が必要、

闘うためには強力な力が必要。

内臓の動きなんかは二の次ですよね。

言い換えると妊娠なんて二の次の状態。

妊活中はこの状態がずっと続いていることとも言えます。

『たまにはリラックスして〜』とか

『ストレスためないように〜』とかアドバイスされるように、

ご本人や周囲の人たちも含め、みなさんストレスが一番悪いとわかっているんですよね。

しかし妊娠するか妊活をやめるか以外はストレスは無くなりません。

これが高度生殖医学の中で見落とされているところであり、対処できていないところでもあります。

そこで鍼灸療法の出番です。

鍼灸療法の効果の一つに『抗ストレス効果』があることが各種の指標で証明されています。

したがって頭はストレスいっぱいには変わりませんが、体はストレスフリーの状態にしてあげることができる。

その状態をキープすることで良質の卵と子宮内膜が得られ、結果として妊娠率の上乗せができる可能性があるというのが妊活鍼灸を受ける大きなメリットの一つなのです。

鍼灸療法の抗ストレス作用。

論文も本当にたくさんありますので、ここでは紹介しません。

『鍼灸 抗ストレス』なんかでググってみてください。

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.